アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

大豆の力で痛みを軽減!生理痛への対処法・予防法まとめ

      2017/01/13

大豆の力で痛みを軽減!生理痛への対処法・予防法まとめ

女性にとって月に1回やってくる生理痛は、悩みの一つです。その原因は女性ホルモンを管理している自律神経の乱れなど。頭痛、腰痛、胃痛から始まって、吐き気、イライラ、しびれ、下痢まで不快な症状に女性は悩まされています。

今回は生理痛の症状と原因、対処法についてご紹介いたします。

生理痛の症状

・頭痛

生理が始まるとセロトニンが減ります。すると、脳内の血管が拡張しやすくなり、それが原因で頭痛が起こりやすくなるといわれています。

・下痢

生理になると黄体ホルモンが減少するため、腸の動きが活発になり、下痢を起こすケースもあります。また、生理中は子宮を収縮させるプロスタグランジンが分泌されるため、その影響で大腸も収縮させられ、下痢が生理時も続くといわれています。

・腰痛

生理になると経血を排出する必要があるので骨盤が開きます。この時に、関節も緩める卵巣ホルモンが分泌され、その働きが腰へも影響を与えます。結果、生理時に腰痛が起こるといわれています。骨盤内の血行が滞ってしまうことも腰痛の原因といわれています。

・しびれ

生理中は血行が悪くなるので、むくみがひどくなります。むくみがひどいと血流も悪くなり、手や足先の毛細血管へ供給が悪くなり、手足にしびれを感じてしまいます。

・胃痛、吐き気

生理時の吐き気の原因は、子宮を収縮させるプロスタグランジンだといわれています。これは、胃を収縮させる働きがあるからです。胃が収縮することで、胃の痛みや吐き気が起こりやすくなってしまいます。

・イライラ

生理時には、イライラも起こります。エストロゲンの分泌の減少でセロトニンも減ってしまうからですが、生理時の女性は、セロトニン不足で、精神的に不安定になりイライラしたりします。

生理痛の原因

生理痛は、女性ホルモンであるエストロゲンの影響と関係があります。エストロゲンの分泌は、排卵前にピークとなるのですが、排卵後、急速に減少します。替わって、妊娠ホルモンといわれる黄体ホルモンが分泌されます。

そして妊娠しないと、用意された子宮内膜は排出されます。生理は不要になった子宮内膜を外へ排出する行為なのですが、生理痛が起こる原因として以下のような原因が考えられます。

・エストロゲンが必要以上に多く出ている

卵胞ホルモンであるエストロゲンは、本来女性らしい身体を作るのに必要なホルモンです。

しかし、エストロゲンが多く分泌されてしまうと、古くなった子宮内膜を排出しにくくなり、結果、妊娠に関係のある黄体ホルモンが多く分泌されてしまいます。それによって激しい生理の痛みが発生すると考えられています。

・冷えなどで血行が不良となっている

身体が冷えてしまったり、立ちっぱなしの仕事を長時間続けたりしていると、全身の血行が悪くなります。すると、腹痛、腰痛がひどくなったりします。

また、体を冷やす食べ物や飲み物も血行不良を引き起こしし、生理痛を悪化させている原因ともなっています。また喫煙も、血管を収縮させる作用がありますから生理痛の原因となります。

・骨盤が歪んでいる

骨盤に歪みが生じていると、血流が悪くなり機能が低下するといわれます。そうなると経血が多くなり、生理痛がひどくなるのです。骨盤の歪みは、悪い姿勢をしていたり、運動不足でも生じてくるといわれます。

・緊張やストレス

精神的なストレスが続くと、ホルモンや自律神経のバランスが崩れ、生理痛の症状がひどくなるといわれています。

・子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮の病気

子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮の病気があるせいで、生理痛がひどいという場合があります。あまり痛みがきつい場合は、早めに婦人科に相談しましょう。

他にも、活性酸素が原因という説もあります。

・PMS

PMSというのは、月経前症候群のことで、こちらは生理痛とは逆の現象なのですが、排卵後の黄体ホルモンの分泌増加と関係があるのではないかといわれています。両者とも、自律神経の乱れが原因での不定愁訴ともいわれます。

生理痛の対処法

・産婦人科で処方される処方箋薬を利用する

市販薬では有効成分の量が医師が処方する薬より少ないのです。医師と相談し、身体に合った薬を処方してもらいましょう。

・ピルを利用する

ピルは生理を緩和する目的でも使用されています。避妊PMSの緩和、生理痛の緩和、経血の減少、子宮内膜症の予防治療などに使用されます。

ですが、副作用もあります。つわり症状などの吐き気ので医師と相談しながら決めてください。ピルは保険適応されません。

・漢方を利用する

漢方薬は体質改善に役立ちます。生理痛を緩和するには、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)などがあります。

子宮筋の収縮を調整し、月経を調整します。血行を促進し、体を暖めてくれる薬草が配合されています。専門医や漢方専門薬局に相談しましょう。

・ツボを押す

血海(けっかい)というツボを押します。足の膝のお皿の少し上、内側にあります。

足首の上部にある三陰交(さんいんこう)というツボも、生理痛に効果があります。

・体を温める

体が冷えてしまうと血行が悪くなり、生理の時、経血をうまく外に出せず、子宮を普段よりも収縮させようと、痛み物質のプロスタグランジンが分泌されてしまいます。こうならないように、特に腹部を温めましょう。

生理痛の予防法

生理痛の予防には、日頃からの心がけが大切です。体を冷やさず、自律神経を乱さぬようにストレスを受けない生活を送り、生理痛に効果のある食事をとるようにしましょう。

・体を日頃から温める

冷え症は生理痛をひどくしますから、日常的に意識して体を温めましょう。体を常時温め冷やさないようにしましょう。入浴、足湯なども効果的です。

・運動をする

プロスタグランジンの分泌を減らすためには、身体をよく動かして血行を良くしましょう。運動すると体温も上がり、血流もよくなります。

・リラックスしてストレスをためない

足湯などをし、身体を温めることで全身に血を巡らせます。ストレスや睡眠不足は自律神経の乱れの原因となります。穏やかな気持ちで毎日過ごし、睡眠も十分に取りましょう。

・生理を楽にする食べ物

大豆にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンは植物性エストロゲンといわれていて、摂取すると女性ホルモンのエストロゲンの働きを助けて生理痛を緩和する効能があります。飲み物としてお茶にして飲んでもいいですし、大豆を煮て食べても効能があります。

黒豆は、大豆の成分に加えてアントシアニンがありますから、活性酸素を制御してくれます。

アーモンドはミネラルが豊富。女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。

ショウガも、血行を促進して体を温める効果があり冷えを予防する食品です。日頃から身体を温めてる食べ物を意識して食べるようにしましょう。結果、それが生理痛を予防してくれるのです。

 - 女性に多い病気