アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

骨盤付近まで胃が下がる!?食欲不振に陥る「胃アトニー」

      2017/01/13

食欲不振に陥る「胃アトニー」

食後に下腹がポコっと出た経験がある人もいるのではないでしょうか。

胃下垂や胃アトニーといった胃腸機能症と呼ばれる病気になると、消化運動に障害が生じることもあります。

胃下垂だけであれば問題はありませんが、状態が悪化して胃アトニーになると他の病気にもつながる可能性があります。

生活のクオリティを高めるためにも胃アトニーの仕組みを理解し、早めに予防・治療することが大切です。

胃アトニーとは?

胃アトニーとは、胃壁の筋肉がだらりと弛緩し胃全体が下方向に伸びきった状態を指していいます。

胃は中に入ってきた食べ物を消化をするために蠕動運動を行いますが、胃アトニーになるとこの蠕動運動が低下、あるいは停止した状態に近くなることがあります。

胃アトニーの症状

胃アトニーは胃下垂と同様、自覚症状のないことが多くなっています。

胃下垂だけでは特に生活に支障がないので気付かずに過ごしてしまうのです。

しかし胃下垂が胃アトニーに進行すると胃内の食べ物がなかなか十二指腸に排出されないために胃もたれやむかつき、吐き気や食欲不振といった不快な症状が現れ始めます。

消化機能が低下するため便秘にもなりやすくなり、その結果として肌が荒れてしまうこともあります。

バリウムを飲んでX線検査を行い、骨盤より低い高さの位置に胃があるとわかれば胃アトニーと診断されます。

胃アトニーの原因

胃アトニーの原因は遺伝、感染症、心理的な要因などさまざまです。

遺伝の場合は痩せている体型の人に胃アトニーが多いとされています。

こういった体質の人は内臓自体の筋肉が弱く、胃以外に腎臓や小腸・大腸など他の臓器も下垂していることがあります。

胃下垂の傾向があるため、食後にポッコリとお腹が大きく突き出てしまうのが特徴です。

遺伝的な要素がなくても暴飲暴食を繰り返していると、胃が食物の重量に耐え切れなくなり下垂してしまうことがあります。

また女性の場合は、出産経験や腹部の手術経験も関係してきます。こういった経験をすることでお腹周りの筋肉が低下し、胃下垂となってしまうことがあるのです。

他に糖尿病患者も、自律神経を障害してしまうために内臓の働きが悪化し、合併症として胃の不全麻痺や胃アトニーになってしまうことがあります。

ピロリ菌などの感染症や甲状腺機能低下症などホルモンが関係しているとされることもありますが、胃アトニーとの関連性は明らかにはなっていません。

それ以外にも神経症になると胃酸の過度な分泌によって胃痛を感じることがあり、心理的な問題も胃アトニーと密接に関係しているとされています。

胃アトニーが引き起こす病気

胃アトニーになると胃内に長時間食べ物が滞留するため、弊害として胃酸過多になりやすくなります。

胃酸の分泌量が多くなると、胃壁の細胞が消化されてしまい胃炎を起こすことがあるのです。

軽度の胃炎であれば自然治癒しますが、胃炎が進行すると胃潰瘍になってしまうので早めの対策が必要となります。

また胃の入り口である噴門部の筋肉も弱くなっている傾向があるため、胃酸が食道に逆流して炎症を起こす逆流性食道炎になることもあります。

軽度の胃炎であれば自然治癒しますが、胃炎が進行すると胃潰瘍になってしまうので早めの対策が必要となります。

また胃の入り口である噴門部の筋肉も弱くなっている傾向があるため、胃酸が食道に逆流して炎症を起こす逆流性食道炎になることもあります。

胃アトニーの治療法

胃アトニーの治療法として一般的であるのは、食事の量を小分けにして食事回数を増やす方法です。

こうすることで胃に入る食べ物の量を少なくし、胃の負担を減らすことができるようになります。

また食事量自体を減らし、栄養価の高い食品に絞って食べる食事療法もあります。

こういった措置を行っても症状の改善が見られない場合は、消化管の運動を促進する薬や胃酸分泌を抑制するような薬を服用してさらなる改善を図ります。

漢方薬の中にも胃腸運動を促進する種類があり、甘草や白朮といった成分の入った四君子湯などの漢方薬が処方されることもあります。

ピロリ菌など特定の疾患にかかっていることがわかっている場合には、抗生物質の投与や抗ウイルス剤などを定期的に服用することになります。

また心理的な不安などを抱えている患者には、向精神薬を処方して自律神経を安定させる手法が取られることもあります。

胃アトニーの予防法

胃アトニーの予防法としては、体の奥深い部分にあるインナーマッスルを鍛えることが大切です。

体の表面にある腹筋を鍛えて体内にある胃を押し上げることも重要ですが、インナーマッスルを鍛えておけば表層にある筋肉も鍛えられるので、特別なトレーニングは不要になります。

体幹のトレーニングとともにインナーマッスルのトレーニングを行えば姿勢も矯正され、ポッコリと突き出たお腹もグッと引き締めることができるようになります。

また食事の量や質にこだわることもポイントになります。

消化が良くて栄養価の高い豆腐のような食材を選び少量を複数回に分けて食べるようにすれば、胃アトニーによる胃酸過多を未然に防ぐことができます。

その他にも、食後に右側のお腹を下にして横たわることで胃から十二指腸に食べ物を排出しやすくする方法もあります。

 - 胃・腸の病気