アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

身体的な性があいまいになってしまう仮性半陰陽とは?

      2017/01/13

身体的な性があいまいになってしまう仮性半陰陽とは?

人は生まれた時から男性が女性かに分かれるものですが、中には生まれつきの見た目と性別が違うという人もいます。半陰陽とは精神的にではなく、身体的に性別の区別がつかない症状です。

半陰陽にも種類がありますが、今回は仮性半陰陽の症状と原因、治療方法について紹介いたします。

仮性半陰陽の症状

半陰陽には真性半陰陽と仮性半陰陽の2種類があります。真性半陰陽は、1人の身体の中に精巣と卵巣があり、両方の性器が見られる症状です。

仮性半陰陽は、生まれつきの見た目の性別と染色体の性別が異なるものです。見た目ですぐに分かる場合もありますが、間違われたまま育てられることもあり、男性と女性で特徴が違います。

・男性仮性半陰陽

男性仮性半陰陽の場合、外性器の見た目は女性のようですが、染色体が男性となります。外性器自体は実は男性器なのですが、陰茎が非常に小さくて精巣がある筈の部位が収縮しているので、まるで女性器のように見えてしまうのです。

・女性仮性半陰陽

女性仮性半陰陽の場合、外性器の見た目は男性のようですが、染色体が女性となります。陰茎があるように見えるのですが、本来の男性器とは少し違うために、生まれてすぐに診断されるケースが多くなります。

仮性半陰陽の原因

仮性半陰陽の原因はいくつかあり、男性仮性半陰陽と女性仮性半陰陽ではそれぞれ原因が異なります。しかし、その結果として母体内で胎児が成長する過程で、細胞分裂や遺伝子の異常があったりした場合に起こるといわれています。

また、性染色体の異常により、生殖器の発達異常が起こるとも考えられています。

・男性仮性半陰陽の原因

母体に胎児がいる時に、テストステロンという男性ホルモンを多く浴びると、生殖器として陰茎、陰嚢が発達して正常な男性の身体に形成されます。テストステロンの量が少なかった場合には、陰唇、陰核、膣が発達して女性の身体に形成されます。

ところが、このテストステロンの量が中途半端になった時に、生殖器の発達障害が起きてしまうのです。男児では陰茎が未発達のままで、睾丸が陰嚢に収まらずに体内に残ってしまう、停留精巣という症状を引き起こすのです。

これにより男性器がはっきりせずに男性仮性半陰陽となるのです。

もう一つの原因として、アンドロゲンという男性ホルモンのバランスが悪くなることが挙げられます。第二次性徴で男性特有の発育が見られず、女性のように乳房が膨らむという症状が現れます。多くは停留精巣があり、無精子症も併発しています。

・女性仮性半陰陽の原因

女性仮性半陰陽の原因は、先天性の副腎皮質過形成症と呼ばれる病気の可能性があります。副腎性のホルモンであるアンドロゲンとエストロゲンの分泌が何らかの理由で過剰に分泌されると、成長するにつれて生殖器の男性化や生理不順が起こる様になります。

また、母親が妊娠中に処置されたホルモン剤が関係しているという説もあります。妊娠12週目頃までに、胎児が男性ホルモンを大量に浴びることで女性仮性半陰陽になるとも考えれているのです。

仮性半陰陽の治療法

仮性半陰陽の治療法としては、精神面と身体的面で行っていきます。新生児のうちにスクリーニングで発見できれば、本人が自覚する前に治療をすることも可能ですが、一般的にそのまま成長してしまい、思春期になって二次性徴が人と違うために深刻化することが多くなります。

思春期になると精神的にも不安定になり易い時期ともあり、慎重に治療を行っていく必要があります。まずは染色体検査とホルモン検査を行い、現在の生殖器がどの様な状態であるのかを明確にします。

さらにカウンセリングにより、本人の希望やどちらの性別に適合できるかも話し合った上で、本人に性別を選択させるという方法を取ります。早期に仮性半陰陽であることが判明すれば、副腎皮質ホルモンを投与して性別化の進行を止めます。

その間に外性器の形成手術を行い、ホルモン剤を投与してより希望の性別に近づけていようようにします。

仮性半陰陽の心のケア

仮性半陰陽になってしまうと、外見として育てられた性別と自分の本来の性別が違うことから、性同一性障害ではないかと悩む人も多くいます。

心のケアとしては、今の状態は病気による身体的なものであり、決して精神面で障害があるものではないと安心させることが大切です。本来の性別になるためには手術や治療が必要なこともあり、将来的にどの様な自分になれるかが分からずに精神的に不安定になる人が多いのです。

家族や周囲の人は、外見的にどう変わっても本人であることには変わりなく、その存在は価値あるものである、ということを伝えていく必要があります。

 - 子どもの病気