アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

薬がなくても大丈夫!つらい鼻づまりを解消する5つの方法

      2017/01/13

薬がなくても大丈夫!つらい鼻づまりを解消する5つの方法

風邪や鼻炎が原因で鼻が詰まってしまうと眠りにつくこともできずにイライラしてしまいますよね。その対処法として服薬を行っている方も多いかと思われますが、常備薬を持っていない方にとっては深刻な問題です。

しかし、薬がなくても症状を緩和させる方法があります。

鼻づまり解消法その1・鼻をつまんでうなずく運動

鼻を指でつまんで息を止め、頭を前後させる方法です。鼻を軽く指でつまみ息を止めます。そして頭をゆっくりと前後に動かすのです。この方法によって鼻の気道が広がるため、鼻づまりの解消を期待できます。

頭はゆっくり動かすことで効果を発揮します。勢いが強すぎると、首筋を痛めてしまう恐れがあるので十分に気をつけましょう。

鼻づまり解消法その2・温タオル法

温めたタオルで鼻を温める方法です。お湯や濡らしたタオルを電子レンジで温め、鼻全体を包むのです。血行が良好になり、鼻水が出やすくなります。

鼻水が鼻づまりの原因になっている場合は、温めた後に鼻をかむことで、鼻づまりが解消されることがあります。

蒸しタオルは濡れたタオルを500~600Wで30~40秒ほど温めれば簡単にできます。くれぐれも火傷には注意してください。

鼻づまり解消法その3・ペットボトル運動

ペットボトルを脇に挟む方法です。ある耳鼻科先生が考案した方法として、メディアなどで広く知られています。500mlのペットボトルに水を入れて脇に挟み、1分ほどキープするだけでOK。

脇には鼻の穴を広げるツボがあり、そのツボを刺激することで鼻の気道が確保されやすくなります。ただ、この方法は一時的なものです。風邪などで鼻づまりが悪化している状態は、効果があまり得られないようです。

ペットボトルが身近にない場合は、ある程度の大きさがあり、脇に挟める物であれば大丈夫です。

鼻づまり解消法その4・玉ねぎのニオイで鼻づまり解消

玉ねぎのニオイを嗅ぐ方法です。スライスした玉ねぎを袋に入れ、そのニオイを嗅ぐだけで鼻づまりの解消につながっていきます。

玉ねぎには硫化アリルという成分が含まれています。この成分は、玉ねぎを切っている時に汗腺を刺激し、涙を出す成分です。この硫化アリルは鼻の奥にある気道を刺激するため、鼻づまりの解消に期待が持てます。

鼻づまり解消法その5・ツボ押し

・合谷(ごうこく)

親指と人差し指の間くらいにあるツボです。少し痛みを感じるくらいの強さで押すことで鼻へ通じている神経を刺激するため、スッキリとします。

・晴明(せいめい)

両目の間の鼻筋の中間地点をつまみ、グッと押すことで鼻の神経を刺激し、鼻の通りを改善させてくれるでしょう。これも少し痛みを感じるほどの強さで効果を発揮します。

鼻づまりが原因で多くのストレスを感じてしまいますが、解消方法を知っていれば気も楽になるかもしれません。

 - 鼻の病気・怪我