アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

季節ごとにうつを繰り返す季節性情動障害…診断チェックで対策を

      2017/01/13

季節ごとにうつを繰り返す季節性情動障害…診断チェックで対策を

季節性情動障害は季節性うつともいい、特定の季節になると体に不調をきたしてしまう症状です。特に、冬の時期に顕著に現れ、それ以外の季節はなんの異常もない場合が多いです。ここでは、季節性情動障害について解説いたします。

季節性情動障害の症状

季節性情動障害は、うつ病性障害の中で分類されるタイプの一つです。特徴としては、気分障害が通年続くというわけではなく、特定の季節に限って症状が現れるということです。

基本的な症状としては、体の倦怠感、無気力や気分の落ち込みですが、その季節によって顕著になる症状は異なります。最も多いのが秋の終わり頃から春先にかけて症状が現れる、冬季うつ病です。

過食してしまうほどの食欲旺盛、特に炭水化物や甘味を欲することで体重増加の傾向があります。過眠も特徴的な症状の一つです。長時間寝ているようでいて快適な睡眠がとれているとはいえず、目覚めた後も疲労が残っていたり、日中も眠気に襲われ体のだるさや集中力の低下が目立ちます。

夏型の季節性情動障害は冬型とは真逆で、食欲減退による体重の減少や不眠などの症状が現れます。寒い冬や暑い夏にかかわらず、たとえば、五月病でも知られるように春に症状が現れる方もいれば、気圧の変動が激しく雨の日が続く梅雨時期に症状が現れる方もいます。

つまり、どの季節であっても特定の季節にのみ繰り返される不調は、季節性情動障害の可能性が大いにあるということです。

季節性情動障害の原因

冬季うつ病では、その原因は日照時間の減少ではないかといわれています。高緯度に暮らす人々の間で発症率が高いことからそう推測されますが、確固たる証拠があるわけではありません。

しかしながら、日照時間の減少や気圧の激しい変化など、天候が体内バランスやホルモンに影響を与えて不調を引き起こしている可能性は低くはないかもしれません。

季節性情動障害診断チェック

直近の2年間で、1年のうち特定の季節(時期)になると、2週間以上にわたって以下の状態が続き、季節が変わると同時に以下の状態がなくなる場合は季節性情動障害である可能性が高まります。

  • 気分の落ち込みがあり行動に影響が出る
  • 物事に興味を失い、幸福感が薄れる
  • 著しい食欲の増加や減少、著しい体重の増加や減少
  • 睡眠過多または睡眠不足
  • 強いあせりから、気持ちも体も落ち着かない、または気持ちも体も動かなくなってしまう
  • 疲労感があり、やる気が出ない
  • 自分に価値がないと感じたり、罪悪感を覚える
  • 思考力や集中力が低下し、決断するのが極めて難しい
  • 死を願い、自殺を考えたり実行しようとする

季節性情動障害の治療法

冬季うつ病の治療としては、光療法(ライトセラピー)というものがあります。ライトボックスと呼ばれる照射器具を用いて、人工的に光を浴びることでメラトニンの分泌を抑制します。メラトニンは脳から分泌されるホルモンの一つで、体内時計を司るホルモンといえます。

人間は通常、朝日の光を浴びるとメラトニンの分泌が止まり、夜になるとメラトニンが分泌され眠りを誘う仕組みになっています。光療法では、これを人工的に行うことで体内時計やホルモンのリズムを立て直します。

医師の指示のもと、適した器具と照射時間で治療しますが、比較的早い段階で改善が見られる療法といわれています。その他には、抗うつ薬の服用による薬物療法や、複数回の面接によって行われる認知行動療法などがあります。

季節性情動障害の予防法

日照時間の短い冬は、できるだけ屋外に出て太陽の光を浴びるように心がけましょう。室内にいる時には、日中であっても照明を点けて明るくしておくのも効果的です。

また、体調の良い季節から運動を習慣化させておくのも有効的な方法です。運動がうつ症状に効果的であることは、すでに多くの研究で明らかにされています。症状が出てから運動をスタートさせるのはつらいものです。

日頃からウォーキングやサイクリングなど、負荷が少なく翌日に影響が出ない程度の有酸素運動を行うといいでしょう。

十分な睡眠をとり、疲れを溜めず、生活リズムを乱さないことも大切です。

食生活に関しては、栄養バランスを意識し、トリプトファンを多く含んだ食物を積極的にとることで季節性情動障害の予防に期待が持てます。トリプトファンを多く含む食品の代表的なものとして、肉類や納豆、たらこ、チーズなどが挙げられます。

トリプトファンは心のバランスに大きく関係している脳内物質のセロトニンを生成し、セロトニンはうつ病に密接に関係していると考えられています。

 - 精神・心の病気