アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

50~60代の女性がなりやすい口腔扁平苔癬の治療とは?

      2017/01/17

50~60代の女性は注意!口腔扁平苔癬を予防する4つのポイント

扁平苔癬は角化性の病変で、口内の粘膜に現れるものを口腔扁平苔癬と呼んでいます。女性の中高年層が多い病気ですが、原因もはっきりせず治療法も限定的な病気です。口腔扁平苔癬についてご紹介いたします。

口腔扁平苔癬の症状

口腔扁平苔癬の症状ついては中高年層の女性に多くみられ、女性の割合が80%ほどと圧倒的に多いのも特徴です。年代も40~70歳、特に50~60歳に多く見られます。

レース状、網状の模様

頬の内側の粘膜に出るのが80~90%を占めます。頬の粘膜の中でも、上下の歯の咬み合う位置によく現れます。また、上顎の天井部分・口蓋にも見られます。その他には、舌とか唇、また歯茎などに現れることがあります。

幅1~2ミリほどの白いレース状、網目状の模様が多く、まわりの粘膜は赤くただれます。次第に赤みが深く色も変化をしていきます。その形状もいろいろで、レース状・網状、びらん潰瘍型、小さな水ぶくれを生じるもの、赤い苔状になることもあります。

また、長く続いている場合には褐色に色素沈着したりするケースもあります。扁平苔癬は決まった型ではなく様々な状態で現れます。

左右両側、対称性に現れるのが特徴

口腔扁平苔癬は左右対称に現れることが多く、これが、口腔扁平苔癬診断の決め手となっています。

自覚症状について

自覚症状としては入れ歯などの接触により痛みがあることが多く、食べ物が当たると痛いとか、舌を少し動かすと痛いとか、痛いので歯を磨けないといった症状が現れます。

その他の症状としては、口内の荒れや出血、味覚障害、食べ物が痛くて食べられない摂食障害なども見られます。稀ですが、がん化する症例もあるので注意が必要です。

口腔扁平苔癬の原因

はっきりとした原因はわかっていないのが現状です。ただ、原因の可能性については、いくつかの事例が指摘されています。

・金属アレルギー

口腔扁平苔癬は銀歯や入れ歯の金属部分が触れる部分に発症することが多く、特に、かつてよく使われていたアマルガム合金の部分に接することが原因といわれています。金属を除去すると口腔扁平苔癬が治ったり、軽減するともいわれています。

・口の中の汚れやガルバニー電流の影響

口内の汚れも、口腔扁平苔癬の一因となります。また、詰め物などに使われる金属が異なる場合、唾液を仲介して金属同士が接触するとガルバニー電流が走ります。この電流が銀歯などの金属が腐食して溶け出すことが原因だとも考えられています。

・喫煙やストレス

喫煙やストレスも、免疫力を低下させる大きな要因となります。口腔扁平苔癬がある場合は、その症状を悪化させる要因となるといわれます。

・C型肝炎ウィルス

C型肝炎に感染している人が、口腔扁平苔癬にかかりやすいことがデータ的に指摘されています。口腔扁平苔癬とウイルスとの関係も研究されています。

・薬剤アレルギー

薬剤アレルギーとの関連もあるといわれています。薬剤アレルギーでは、血圧の薬として使用されるβ遮断薬、鎮痛剤として使われている非ステロイド性抗炎症薬、糖尿病の薬、利尿薬などが報告されています。

・遺伝

遺伝的な素因を持っている人も原因とされます。例えば、白血球が自己皮膚細胞を攻撃するという自己免疫疾患なども考えられるでしょう。

口腔扁平苔癬の治療法

口腔外科では、外見から特徴的な症状を確認して、病変の一部を切り取って顕微鏡で検査します。皮膚科ではパッチテストを行います。これは歯科金属に使用される金属を皮膚に貼ってみて、それがアレルギーの原因となっているかどうかについて調べます。

口腔扁平苔癬は原因がはっきりとしていないため、決定的な治療法がないのが現状です。原因が特定できないため、治療は長引くこことも多く現状です。

網状や線状の症例で、そう痛くもなく自覚症状のないものは、そう心配はありませんが、それでも経過観察はする必要があります。病変の範囲が小さいケースは、切除やレーザーによる治療も試みられています。

他に、軟膏などの外用薬、飲み薬などの内服薬、漢方薬なども使用されます。ビタミンA剤も免疫力の活性化として併用されます。

対症治療の治療薬としては、ステロイド剤の軟膏が処方されます。数週間使用して様々な薬が試されるでしょう。改善が見られない場合には、他の治療法も行われます。飲み薬による治療としては、服用ステロイド剤、ビタミンA剤、免疫抑制剤なども処方されます。

漢方では、黄蓮解毒湯、加味逍遥散などが、ケースによって処方されます。

アレルギーのパッチテストの結果、アレルギー反応の出た金属が口の中にあれば、その金属を除去し、プラスチックやセラミックなどの素材に変えます。歯や入れ歯に使われている金属を、チタンや金、セラミックなどに換えると口腔扁平苔癬が完治したという報告もあるので、こうした対処法が実行されています。

口腔扁平苔癬の予防法

口内の清掃

口の中の汚れは金属イオンを溶出させる原因になることから、徹底的に取り除く必要があります。歯石や自分では取りきれない歯垢を、歯科医で歯石を徹底的に取り除きます。

歯をよくブラッシングをして口内に菌を増やさないようしましょう。

うがい薬

口の中を清潔に保つ補助としてうがい薬もよく処方されます。市販のうがい薬でもいいでしょう。まめに口内を殺菌し清潔にしておきましょう。

歯の治療

虫歯や欠けた歯が口の粘膜を刺激していることがありますから、刺激の源となる歯の治療をして原因を取り除くように予防しておきましょう。虫歯や歯周病、入れ歯の不適合などは、扁平苔癬を悪化させるため、口腔外科や歯科医を定期的に受診して口腔内環境を良好に保つことを心がけましょう。

扁平苔癬はよくなっても、再発を繰り返す慢性疾患です。油断はせずに口内の清潔を保つよう努力しましょう。

ストレスを溜めず免疫力を高める

口腔扁平苔癬がストレスが原因というケースもあるようですから、予防としては食生活に気をつけ、睡眠を充分取り疲れないように体調管理をして免疫力を高める努力をすることも、十分意味があるといえます。ストレスも溜めないように意識しましょう。

 - 口・歯の病気