アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

睡眠環境が寝相を左右する?悪い寝相への対処法

      2017/01/13

睡眠環境が寝相を左右する?悪い寝相への対処法

寝相の悪さは、何らかの原因や、思わぬ疾患によって必然的に起こるものでもあります。その原因を突き止めて寝相を改善することで快調な生活を送ることができますし、体から発せられたシグナルを察知し、疾病リスクを軽減する対策を打つこともできるでしょう。

寝相が悪い理由

朝起きてみると枕と足の位置が逆さ向きになっていたり、ベッドから落ちて目が覚めたという経験はないでしょうか。寝相の悪さには、癖という言葉では片づけられない原因や理由が潜んでいます。

寝相の悪さの原因として最も目立つのは、睡眠環境の悪さです。枕の高さや硬さが自分に合っているか、ベッドが硬すぎたり、反対に柔らかすぎてはいないかなど、寝具が原因となることもあります。

快適な睡眠をとるために適切な室温が保たれているかどうかといった点も重要です。もちろん騒音や、電気の点けっぱなしなどの光の問題も考慮する必要があります。

自律神経の乱れも寝相の悪さの原因となります。ストレスや不規則な生活によって自律神経が乱れてしまうと、眠っているにも関わらず脳が活発に働くレム睡眠の時間が増え、結果として寝つきが悪くなったり、寝相が悪くなるといった問題を引き起こしてしまいます。

また、何らかの疾患が原因となっているケースも稀に見られます。心臓や甲状腺などの疾患がもとで、寝相にまで悪い影響を及ぼす場合もあるようです。

また、夢遊病などで無意識のうちに活動しているという可能性もありますので、異変を感じた場合は客観的な情報を集めてみましょう。

悪い寝相を改善する方法

寝相を改善させる方法としては、寝相を悪くしている原因を突き止め、その原因そのものにアプローチしていく必要があります。

たとえば、枕の高さや硬さを変えただけで寝相がよくなり、翌朝目覚めたときの爽快感も増したというケースも非常に多いのです。

寝具店や百貨店の寝具コーナーなどでは、首の形などを考慮し、それぞれに合った枕や寝具の提案を受けることができますし、実際に寝て試してみることもできますので、まずは今使用している寝具を見直してみてもいいのではないでしょうか。

日常生活の中でパソコンやスマホを使う機会が多いという方でしたら、アイマスクを使用することも解決策として有効です。小さな物音や外の音が気になるという場合では、耳栓を使用してみてもいいでしょう。外部からの刺激をできるだけ和らげ、目や脳をしっかりと休ませるという点では非常に重要な対策になります。

それでもなかなか改善が見込めないという場合では、体そのものに何らかの異変が生じている可能性を否定できません。心臓などの疾患という思わぬ病気が見つかることもありますし、自覚することがなかなか難しい睡眠時無呼吸症候群が寝相の悪さの原因となるケースもあります。

 - 眠りに関する病気