アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

誰もがなりえる虚言症…虚言症の人との付き合い方とは?

      2017/01/13

誰もがなりえる虚言症…虚言症の人との付き合い方とは?

虚言症とは自分を大きく見せたい、偉く思われたいという気持ちから相手に嘘を重ねてしまう症状です。虚言症は病気ではありませんが、虚言癖がついてひどくなるとうつ病に繋がってしまう危険性もあります。

虚言症の症状

虚言症の症状は人に嘘を重ねること。ありもしないことをでっちあげたり、自分だけの妄想をさも本当に起きたかのように人に話してしまいます。

嘘をつく要因には、自分自身を良く見せたい、大きく見せたい、偉く思われたいという心理が働いているからだといわれます。

そのような気持ちから人に嘘をつき続けることによって虚言癖がついてしまい、友達や同僚、親しい家族からの信頼を失ったり、人の心を大きく傷つけて人間関係を切り裂いてしまうことにもなりかねません。

また、虚言症の人は自分で嘘をついていることを知った上で話す場合もあれば、自分が言っていることが嘘であることを認識していない場合もあります。

虚言症の原因

虚言症は、自己顕示欲が人一倍強い方が多いといわれています。また、人の評価を極端に気にするタイプの方も虚言症に多くみられています。人の評価を気にするというのは自分がまわりから悪く思われたくない、自分のやっていることを褒めてもらいたいという気持ちのあらわれです。

まわりからよく思われたい。凄いと思ってもらいたいと嘘を重ねてしまい虚言症になってしまうケースも多く見られます。

何事にもすぐに言い訳をしてしまう人も虚言症の方に多く見られます。自分が原因になってしまったことを、自分の非を認めずにまわりのせいにして片づけてしまう方は虚言症になってしまう可能性があるので注意が必要です。

虚言症の人との付き合い方

虚言症の人というのは程度の差こそあれ、普段の暮らしまわりに存在しています。場合によっては虚言症の方と一緒に行動をともにすることもあります。

そんな時に大切なのは相手との距離の取り方です。相手の話に乗っていろいろと話を深く掘り下げてしまうと、相手は嘘を重ねていくことになります。

もしも友人が虚言症になった場合、直接虚言症だと告げるのではなく、間接的に教えてあげるきっかけを作ってあげましょう。虚言症は誰にでも起こりうる症状です。自分自身に降りかかってくるかもしれません。そのために常に冷静に物事を見極め、できるかぎり感じたことに正直になることが大切です。

 - 精神・心の病気