アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

尿のニオイで分かる病気がある?健康でもニオイがする場合も

      2017/01/13

尿のニオイで分かる病気がある?健康でもニオイがする場合も

尿には健康に関する様々な情報が含まれています。特に尿のニオイには体の状態や病気の兆候が隠れているケースがあるのです。ここでは尿のニオイと体の関係について解説いたします。

健康でも尿がにおう場合も

尿は身体の健康を図るバロメーターです。尿には健康に関する様々な情報が含まれているため、健康診断でも尿検査が行われ病気の兆候を調べられています。

尿は体内から排出されるため、食べ物の影響を受けやすく、健康であっても尿がにおう場合があります。ニンニクや玉ねぎをたくさん食べた後、あるいはアルコールを摂取した時には尿のニオイが強くなります。

これらの食べ物の影響を受けて尿のニオイが強くなるのは、その時だけです。しばらくすると尿のニオイは元通りに戻るため、特に心配する必要はありません。

しかし、暴飲暴食を繰り返していると肝臓に負担がかかり、異臭を発生せる体内物質が生成されて、尿のニオイが激しくなることが知られています。この場合は野菜を多く摂取し、バランスのよい食生活を送るようにすれば、自然と尿のニオイを抑えることができます。

また、尿は体内の水分を排出するものでもあるため、体内の水分が少なくなっている時には尿が濃くなり、ニオイが強くなります。この場合も特に病気ではなく、適切に水分を補給すれば尿の濃度は正常値に戻り、強いニオイは解消されます。

尿がにおう病気

尿のニオイが一時的なものではなく、強烈な異臭を放つような場合には、病気の可能性があるため注意が必要となります。まず、尿がにおう病気としては膀胱炎が挙げられます。

膀胱炎になると尿のニオイが強くなって排尿時に痛みが伴い、トイレに行く回数が増加します。膀胱炎の中で多いのが急性膀胱炎ですが、軽度な急性膀胱炎についてはトイレに行く回数を増やして膀胱に負担をかけないようにすれば、自然に治すことができます。

尿のニオイが甘く感じられるような場合には糖尿病が疑われます。糖尿病になると、尿に含まれる糖を身体が吸収することができず尿として排出してしまうために、尿から甘いニオイがするようになります。糖尿病を予防するためには、ストレスを貯めない生活を送り、暴飲暴食を避けることが必要となります。

尿から強い刺激臭がする場合には、尿路感染症という病気が疑われます。腎臓から伸びる尿の通路が細菌に感染し、炎症を引き起こす病気です。尿路感染症になると、尿から刺激臭がする他に、排尿の際に強い痛みを感じるようになります。

この尿路感染症を患うと、抗生物質の服用による治療が必要となるため医療機関を受診する必要が出てきます。

 - デリケートゾーンの病気