アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

悪いことばかりではない!貧乏ゆすりの効果とは?

      2017/01/13

悪いことばかりではない!貧乏ゆすりの効果とは?

貧乏ゆすりはまわりからの見た目はよくなく、以前は行儀が悪いといわれてきました。しかし、貧乏ゆすりが体の不調をサインとして伝えてくれたり、体の健康を保とうと自然に起こるものだということが明らかになっています。

貧乏ゆすりの原因

・ストレス

周囲の環境や状況、心理的なストレスが続く時、それを無意識的に発散するための手段として貧乏ゆすりがあります。

同じ姿勢で長時間、緊張状態で椅子に座っている場合などに貧乏ゆすりが見られます。緊張状態が続くことで次第にストレスが溜まり無意識の内に足が動いてストレスを解消しているのです。

ADHDなど長く集中することができず落ち着きがない人の場合も、じっとしていることがストレスになるため貧乏ゆすりをするなどを行っていることがあります。

・血流の悪化

長時間椅子に座って、同じ姿勢をとっていることで血流が悪くなります、血流が悪い状態が続くと血栓と呼ばれるものができてしまい、それが原因で心臓の血管を詰まらせてしまったりと悪影響を及ぼします(エコノミー症候群)。

こうした血流が悪化することによる弊害を無意識的に予防しているのではないかともいわれています。

貧乏ゆすりをやめる方法

ストレスのない普段から貧乏ゆすりをしている場合は、血流が悪い可能性があるので血流をよくすることが大事です。日頃から適度な運動を心がけることによって体全体の血の流れをよくすることは、健康面でも重要です。

運動する時間がなかなか取れない時には、仕事中に椅子に座ったままでもつま先を伸ばしたり足首を回したりなど少しでも動かしてあげるだけでも血流はよくなるので同じ姿勢で長時間いないようにしましょう。

ストレスを感じて貧乏ゆすりをしてしまう場合は、こまめに休憩を取るなどし、気持ちをリフレッシュさせるなどが効果的です。他にも、ガムを噛んだり、コーヒーを飲んだりすることもストレスを解消させてくれるのにいいでしょう。

貧乏ゆすりのもたらす健康効果

・冷え性の改善

貧乏ゆすりはふくらはぎの筋肉を使います。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。ふくらはぎの筋肉が動くことで、足元から上半身に向けて勢いよく血を送り出すことができるのです。

ふくらはぎの血流がよくなることで血が全身に巡りやすくなり、結果的に体温を上昇させ、冷え性の改善にもつながるといわれています。

・むくみの解消

血流が悪化するとむくみの原因となります。血の巡りがよくなれば、むくみの解消に期待が持てるでしょう。貧乏ゆすりをしていた人とそうでない人の間では死亡率に差があるという研究報告もあるようです。

・ストレス解消

すでに述べているように、ストレスを感じた際に発散させるためにも貧乏ゆすりは行われます。

 - ライフスタイル