アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

冷たい物で下痢になってしまう理由…それは便秘解消の鍵でもあった!

      2017/01/13

冷たい物で下痢になってしまう理由…それは便秘解消の鍵でもあった!

夏などの暑い時期には、冷たい飲み物や食べ物に手が伸びてしまいがちです。冷たい物ばかりとっていると腹痛に襲われ、下痢になってしまうことがあります。では、なぜ冷たい物が下痢を引き起こしてしまうのでしょうか?そして、そこから便秘解消法も探ってまいります。

冷たいものをとりすぎると下痢になる理由

冷たい食べ物や飲み物は、まず胃の中に入ります。胃は冷たいものを感知して腸に伝達します。腸は胃から指令を受けてぜん動運動を始めるようになります。

激しくなったぜん動運動によって、腸の中にあった内容物も刺激を受けてしまいます。刺激を受けた内容物は、まだきちんと消化吸収されていなくても大腸に運ばれて体外へ排出されてしまいます。

水分の吸収が不完全なまま排出されてしまうため、冷たい食べ物や飲み物を多くとると下痢になってしまうのです。

腸のぜん動運動の持つ働き

腸のぜん動運動はとても大切な働きです。腸の中に食べ物が流れてくると、腸から食べ物の栄養が吸収されていきます。腸の吸収によって人は栄養を摂取することができ、健康的に過ごすことができるのです。

腸がきちんと栄養を吸収した後は、食べ物から発生したガスや毒素などのカス、つまり便が残ります。便はそのままにしておくと体に毒素を流して、ニキビなどの肌荒れや髪が抜けるなど、体の不調の原因になってしまうため、体外へ排出する必要があります。

腸のぜん動運動は、毒素を含んだ便を体外へ適切に排出するために必要なのです。腸のぜん動運動が正常であることで、体外へ有害な物質を送り出すことができます。腸が便でいっぱいになってしまう便秘にならないためにも、腸を元気にする必要があります。

便秘解消に冷たい水をコップ1杯

便秘の解消に役立つのは、腸を刺激して腸のぜん動運動を助けることです。便を出すのは朝がいいでしょう。朝起き抜けにコップ1杯の水を飲むことで、腸にこれから食べ物を食べるという合図を送ることができます。腸が刺激され、腸のぜん動運動を活発にできるでしょう。

便秘にならないためにも、下腹部をマッサージするのも効果的です。下腹部に手を当てて、「の」の字を書くようにマッサージをしてください。腸が刺激されて便通を良くする効果があります。

便秘になりやすい人は、水分をとる習慣がない場合があります。水は人体の大半を構成するものです。毎日水を飲むように気をつけましょう。

また、便通をよくする食べ物があります。それは野菜です。

野菜には食物繊維が豊富に含まれているものがあり、食物繊維は水分を多く含む効果があります。硬くなった便は排出することが難しいですが、そうした野菜を多く食べることで水分を適度に含んだ便を作ることができます。

食物繊維の多い野菜を食べて便通をよくしてみましょう。逆に肉や甘いものばかり食べていると、便が硬くなってしまって便秘になりやすくなります。腸のぜん動運動を良くするためにも、野菜をしっかり食べましょう。

 - デリケートゾーンの病気 ,