アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

ムカムカするつらい胃もたれ…すぐにできる解消法あります

      2017/01/13

ムカムカするつらい胃もたれ…すぐにできる解消法あります

胃もたれは日常生活でかかりやすい症状の一つです。

しかし、別の病気のサインになることもありえます。ここでは、胃もたれの原因と治療法、予防法を紹介しています。

胃もたれの症状

食事をすることによって、食べたものが胃から十二指腸へと流れずに、胃の中にずっと留まっているために胃が重く感じたり、むかつくなどの不快感など覚えるのが胃もたれの症状です。

主に胃の働きが悪くなって十二指腸への排出機能の低下したり、胃酸が出にくくなることによってこの胃もたれが起きます。胃もたれを起こすと常に不快感を感じるために仕事などに集中出来ず、また日常生活においてもいろいろと差し支えますし、上手く眠ることもできなくなってしまいます。

胃もたれは食事によって引き起こしたり、仕事や人間関係等のストレスから引き起こされたり、風邪などの薬を服用することによって起きたり、いろいろなケースが起因となります。

また、慢性的な胃もたれを感じる方は病気に疾患している可能性もあります。胃もたれだけでなく下痢が続く人は過敏性大腸症候群の可能性もあります。

胃もたれが続くと進行して胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患ってしまうこともあるので胃もたれが続く人は病院に行ってきちんと診断を受けることをオススメします。

胃もたれの原因

胃もたれを引き起こす原因としてはいくつかあげられますが、一番は食事によるもの。揚げ物や肉料理などの脂っこい食事を続けたり、カレーなどの香辛料を使った料理や刺身など消化しにくい食事、また胃を刺激するコーヒーや炭酸の入った飲み物のとりすぎで胃もたれを引き起こしたりします。

また普段から良く噛まずに食事をする人も胃に大きな負担をかけてしまうため胃もたれになりやすくなります。胃もたれは食事だけでなくストレスからくることもあります。

仕事や家庭での人間関係での悩み、またいろいろと心配事を常に抱えていることでストレスを感じ続けていると胃や十二指腸をコントロールしている自律神経が乱れ、それによって胃もたれを引き起こしてしまいます。

また風邪薬など、市販や病院でもらう薬を服用する事によって胃が荒れて胃もたれを起こすことがあります。

さらに女性の場合、妊娠初期の段階で胃もたれを起こすことがあります。これは妊娠時における女性ホルモンのバランスによる影響ではないかと言われています。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの二種類が存在し、妊娠することによって黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。

この黄体ホルモンは子宮収縮を防ぎ、胎児に負担がかからないようにする妊娠時期のとても大事な役割をもっていますが、その一方で胃腸の働きを弱めてしまう働きもあるのです。

この黄体ホルモンの働きによって弱まった胃腸では、通常通りの消化が出来なくなって胃もたれを引き起こすのではないかと考えられています。

胃もたれをすぐに治す方法

食欲不振や食べすぎ飲みすぎによって引き起こされた胃もたれの場合は、市販されている胃腸薬を服用してみるのが一番手っ取り早いでしょう。現在は市販でも様々なタイプの胃腸薬があるので、薬剤師さんなど専門的な知識を持った人に相談して自分に相応しい胃腸薬を選び服用しましょう。

また、ストレスからくる胃もたれの場合は神経性胃炎の効能のある胃腸薬を選びましょう。最近は症状ごとによって選べる漢方タイプの胃腸薬もあるので、慢性的に胃もたれを感じる方は漢方タイプを選ばれる方が体の負担も少しは軽減されるでしょう。

また胃腸薬などの薬を使わずとも胃もたれを解消する方法もあります。

それはお風呂につかってのマッサージ。湯船の中で両膝を立てて座り、口をあけてゆっくりと息を吐きながら指先で肋骨の下をもみこむと、ツボが刺激されて胃の機能が回復されると言われています。

胃もたれの予防法

胃もたれの予防法としては、毎日の食生活をきちんと見直すことです。

冒頭でも述べたように、脂っこい食べ物やカレーなど胃に刺激の強い食べ物や、コーヒーや度の強いアルコール、また炭酸を含んだ飲み物を多く摂取する事で胃もたれを引き起こしてしまいます。

ですから、常にバランスの良い食事を考えることを意識することが胃もたれの予防に繋がります。

また、食事のメニューだけでなく食べる順番も重要です。食事の際、最初にお肉などの脂っこいものを食べずに野菜やお味噌汁など、消化の良いものから順番に食べていくことで胃にかかる負担を軽減することができるので、食べる順番にも気を配ることが大切です。

胃もたれはストレスによっても引き起こされるます。しかし、普段の暮らしの中ではどうしてもある程度のストレスは抱えてしまうもの。そこでオンとオフをはっきりと分けて暮らしてみましょう。

オフの時は何も考えずに好きなことだけを考えたり、好きなことに時間を使って頭の中を一度空っぽにすることで心も体もリフレッシュすることができます。

それでも胃もたれが治らない場合は他の病気を疾患している可能性もあるために、出来るだけ早めに病院に行って診察を受けるようにしましょう。

 - 胃・腸の病気