アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

最悪の場合インプラントを除去することも…インプラント周囲炎

      2017/01/13

最悪の場合インプラントを除去することも…インプラント周囲炎

インプラント(人工歯根)の埋入は増加の傾向にあります。本来の顎の力を活かすことができるため人気の施術ですが、一方でインプラントの周囲が炎症を起こしてしまう症状も増加しています。インプラントを大切にしていくためにも予防法を知っておきましょう。

インプラント周囲炎の症状

インプラント周囲炎は歯周病のようにインプラントが炎症を起こしてしまうことを指しています。

インプラントをした周辺の粘膜が赤くなってしまったり、痛みや歯茎の膨れの他にも、出血、膿、インプラントと歯茎の間の溝が深くなる、歯茎が痩せる、インプラントが落ちるなどといった症状が見られます。

インプラント周囲炎になる前の段階として、インプラント周囲粘膜炎という症状もあります。インプラントとそのまわりの粘膜だけが炎症を起こしていることを指しますが、インプラント周囲炎と診断された場合には、もうインプラントを支えている顎の骨にまで炎症が進行しています。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎を引き起こしてしまう原因として最も多いのは毎日の歯のケア不足です。

インプラントにした場合でも定期的に歯医者でメンテナンスを受けるのが望ましいのですが、それを疎かにしすぎていると歯垢が口の中に停滞してしまいがちになります。

そうなってしまうと、歯周病原細菌が増殖してしまいます。その結果、インプラントを支えている顎の骨にまで歯周病原細菌が感染してしまって、炎症の発生につながってしまうというわけです。

他にも、インプラント治療を行った歯以外でも歯周炎を起こしていたり、特に糖尿病患者に多いのですが、全身疾患に関係している歯周炎だったり、喫煙、噛み合わせの調節を受けてないといったことでも、インプラント周囲炎につながってしまう場合があります。

インプラント周囲炎の治療法

インプラント周囲炎の治療はまず、感染している細菌の除去から始まります。細菌の除去は、インプラントの周囲、歯と歯茎の溝にある歯垢、歯石を落としたり、洗浄剤での殺菌をメインに行います。

その上で急性炎症、菌血症を予防するために抗菌物質の投与を行うこともあります。軽いものならばこれと日常生活の改善、噛み合わせの調整を行うことで治癒するのですが、重症ならばこれでも改善しない場合があります。

その場合は、外科的な治療を行うことになります。細菌除去で改善しなかった場合だけでなく、インプラントを支えている顎の骨が余りにも痩せすぎている場合にも行われます。

インプラント周囲炎のメインの外科的療法は歯茎を切り開いて、汚染されてしまったインプラントの表面を出して、薬剤でインプラントの表面を綺麗にしたり、磨いたり、細菌が感染した結果出来てしまった歯周ポケットの切除などインプラント周辺の不良組織を取り除いて歯茎を閉じます。

その際にはレーザーを利用することもあります。歯茎や顎の骨の状態が悪化している場合には、顎の骨を増やす骨移植のほかにも、GTR法という歯茎を切って開いたところにメンブレンという膜を置いて顎の骨の修復を待つ方法や、遊離歯肉移植、結合組織移植といった口蓋から上皮や結合組織を移植する方法があります。

それでも、改善が見られないか、そもそも診察の時点でもう回復する見込みがないと判断された場合にはインプラントを完全に取ってしまうことになります。

インプラント周囲炎の予防法

インプラント周囲炎が発症してしまう原因は歯垢がたまっていたり、メンテナンスを怠っていたり、日常生活のちょっとしたゆるみが原因となってしまっていることが大半です。

しかし、インプラント周囲炎はまだまだ確立した治療法がないこともあって保険が効かないこともあり、もし発症したら大きな出費になる可能性もあります。

ですから、インプラント周囲炎にならないようにするには、毎日のブラッシングを正しい方法ですることが最も重要です。定期的に検診を受けることも大切です。

定期的に検診を受けていれば歯垢をプロの力でしっかりと落としてもらうこともできますし、現在の歯の状態がどうなのかを見てもらうこともできます。

その時の状態によって自分はどのようにすればいいのかを教えてもらえるので、歯医者には定期的に通院するといいでしょう。自分の歯に合ったブラッシング方法や道具もしっかりと聞いておくと今後の役に立つかもしれません。

また、食事の時間を決めたり、よく噛んで食べるのもインプラント周囲炎を予防するのに効果が期待できます。食事、間食の時間が決まっていないと歯垢は非常に増えやすいのです。

そして、食事の時に飲み込むまでに噛む回数は30回といわれています。食べ物を噛む数が増えると唾液が活発に分泌されます。そうすることで、歯や歯茎に食べ物が残りにくくなるのです。噛む回数が自ずと増えるような食事を摂るようにするとより効果的です。

喫煙はインプラント周囲炎の原因の1つです。禁煙が難しくても極力病院で相談するなどして、禁煙に努めるようにした方が賢明です。

 - 口・歯の病気