アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

いくつもの人格がいる…解離性同一性障害の症状6選

      2017/01/13

いくつもの人格がいる…解離性同一性障害の症状6選

解離性同一性障害は、解離性障害の中でも「多重人格障害」がその症状として表れます。

この病気は強い心的外傷から引き起こされてしまうものなので、家族や周囲の方は、患者が安心しながら生き続けていく力を得られる環境を作ってあげるよう心がけましょう。

解離性同一性障害とは

解離性同一性障害とは、わかりやすくいえば多重人格ということです。まず、解離性障害についてご説明します。

この病気は、耐え難いような状況に遭遇した際に、まるで自分のことではないように感じてしまったり、その時のつらい記憶や感情を思い出せなくすることによって、自らの精神的なショックを避けようとして起きてしまう障害のことを指します。

次に解離性同一性障害についてです。この病気は、上記の中でも最も重い症状とされており、切り離された思い出や感情が別々に育っていってしまい、別人格として表れてしまいます。

解離性同一性障害の患者の多くは幼少時代にいじめや虐待などを受けており、解離性同一性障害は、このような出来事が原因で引き起こされてしまう自己防衛反応だと言われています。

解離性同一性障害の症状

前述のように、解離性障害には、主に以下のような6つの症状が見られます。

・解離性健忘
ある心のストレスが引き金となり、記憶をなくしてしまう症状が表れます。数日で記憶が蘇るのが一般的ですが、中には長期に及ぶ場合もあります。

・解離性とん走
自分が誰なのかという主体性がなくなってしまい、失踪して新たな生活を送るなどの症状が表れます。

・カタレプシー
身体が硬くなって動かなくなるという症状です。

・解離性昏迷
身体を動かしたり、言葉を交わすことができなくなるといった症状です。

・離人症
自分は自分であるといった感覚に障害が引き起こされ、まるで自分を客観視したように感じられる症状です。

・解離性てんかん
心理的な出来事が引き金となって、こん睡状態になったり、身体が思うとおりに動かせなくなったりします。

そして、解離性同一性障害には多重人格障害が加わります。

患者は複数の人格を持ってしまい、それらの人格が交代で現れてしまいます。この人格同士は、別の人格が出現している間はその記憶がない場合が多く、生活上の支障をきたしてしまいます。

解離性同一性障害の原因

解離性同一性障害である多重人格障害は、主に以下のような5つの原因が考えられます。

・ストレスによる影響
多重人格の原因は、幼少期から児童期の強い精神性ストレスが原因とされ、虐待やいじめ、親などによる抑圧的な人間関係などが挙げられます。また、殺人事件や交通事故などの目撃、家族の死もこのような症状を引き起こしてしまう場合があります。

・居場所の喪失
たとえば、両親の不仲や学校でのいじめなどによって、安心できる居場所が失われることによって、多重人格障害が引き起こされてしまいます。これは愛情の裏切りが孤独感を醸成してしまい、やがてそれが現実への絶望、空想への逃避、そして解離へとつながってしまうのです。

・愛着関係の問題
精神的な外傷がなくても、幼児期の環境や愛着問題が、多重人格障害の原因となる場合があります。たとえば、家庭が無秩序で無方向型の環境の場合、こうした多重人格の症状が引き起こされてしまうことがあります。

・患者本人の資質による場合
幼少期に空想の世界に身をおいてしまい、現実と空想の記憶を混同してしまったり、妖精や天使などが実在したり、人形やぬいぐるみがまるで生きていると信じてしまう場合がこの例です。

・自己の治癒力の弱さ
同じ極めて困難な状況に直面してしまっても、精神的バランスを維持できる能力を持っている人と解離してしまう人がおり、後者は多重人格になりやすいと言われています。

解離性同一性障害の治療法

解離性同一性障害の治療の基本はまず、安心できる治療環境を整えてあげることや、家族・周囲の理解、医師との信頼関係となります。

解離性同一性障害には、残念ながら有効な薬はないといわれています。そのため、上記のような精神的安定こそが重要な治療となります。

解離性同一性障害の人との接し方

解離性同一性障害である多重人格に対して、まず悪いイメージをなくす必要があります。

誰しも人生の中で、何度かはどうしようもないくらいに辛いことに直面するものです。このようなときに、身近な人に「面倒だから」「怖い」などと言われてしまったらどうでしょうか。

多重人格を引き起こす人というのは、もともと人間関係をうまく築けない人である場合がほとんどです。精神的な不安を取り除いてあげながら、気持ちの余計な負担をなくし、生き続けていく力を得られる環境づくりが、周囲の人や接し方に求められます。

 - 精神・心の病気