アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

突然足裏に走る痛み!それって足底筋膜炎っていう症状かも…

      2017/01/13

突然足裏に走る痛み!それって足底筋膜炎っていう症状かも…
足裏の痛みに関する原因として足底筋膜炎という症状があります。その原因は足裏にある足底筋膜が、過度の荷重や連続する負荷などにより、炎症を起こしてしまう事です。

その症状や原因および治療方法などをみていきましょう。

足底筋膜ってなに?

足裏の痛みに悩まされる場合には足底筋膜炎が疑われるのですが、そのためには足の構造をしっかりと知る必要があります。ちなみに足の裏側には足底筋膜が存在しています。この部分が伸縮することにより足裏にかかる衝撃を和らげてくれます。

つまり、足底筋膜が正しく機能しなければ激しい運動をすることが難しくなってしまいますし、普段から足底筋膜には負荷がかかり続けているということになるのです。

そしてその構造は足裏の、それぞれの指の裏とかかとをつなぐようになっており、足底筋膜に負荷がかかりすぎることにより炎症を起こす事があります。

そして、この部分の炎症はかかとの痛みを感じることが多く、疲労などが蓄積することで足底筋膜の炎症状態に陥ってしまうことがあります。

また痛みの度合いには、その状況や個人によって大きな差があるのですが、炎症の度合いがひどくなってしまいますと日常生活に大きな支障をきたすことがあります。

足底筋膜炎の症状

足底筋膜炎になると、筋膜が炎症を起こしているところから痛みを感じます。分かりやすく言えば、足の裏に痛みを感じるということになるのですが、より具体的にはかかと部分や土踏まずの部分に痛みを感じます。

また歩き出した時に激痛が走るとする報告も多くあり、瞬間的に足裏に荷重すると激しい痛みを感じます。

そして、症状が悪化してしまった場合には、足底に負担がかかっていない状態でも痛みが持続してしまう可能性があり、違和感を感じる場合にはなるべく早く治療に取りかかるべきであるとされています。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎における原因についてなのですが、これは現代人の足の構造が体重を支えるためのクッションとしての機能を損ないつつある点にあるとされています。

その要因として考えられているのは、普段からの歩く距離が極端に少なくなってしまっていることや、クッション機能に優れたシューズを履き続けることにより足底筋膜が弱くなってしまうことなどが挙げられているのです。

足底筋膜炎を発症しやすい人

足底筋膜炎は基本的には足裏に荷重し続けていることで引き起こされてしまう症状ということが判明しています。よって普段から足裏に負担をかけている立ち仕事をしている人は一般の人よりも足底筋膜炎になりやすいとされています。

また長時間走ったり歩いたりした後に、この症状が発症することも多く報告されているので、足裏に負荷をかけるようなスポーツをされている方も注意が必要です。

足底筋膜炎の治療法

足底筋膜炎の治療法は、基本的に筋肉の炎症状態を緩和させれば回復に向かうことをが期待できますので、安静にすることが重要視されています。

ただし強い痛みがある場合には炎症を鎮める鎮痛消炎効果のある外用薬を用いることがあります。また、痛み止めの内服薬が処方されることもあります。

そして、強い炎症状態を素早く緩和させたい時にはステロイドの局所注射をすることもできます。

 - 足の病気・怪我