アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

クラミジア頸管炎は放っておくと大変なことに!原因と治療法

      2017/01/13

クラミジア頸管炎は放っておくと大変なことに!原因と治療法
クラミジア頸管炎は性行為によって引き起こされる病気のことを指し、症状に気づきづらいことが特徴です。

しかし、対処が遅れてしまうと重い症状へと発展してしまう恐れもあるので、少しでも異常を感じた際は、パートナーときちんと治療を行ないましょう。

クラミジア頸管炎とは

クラミジア頸管炎とは、子宮頸管にクラミジアと呼ばれる寄生虫の細菌が増殖してしまい、引き起こされる病気のことを言います。この子宮頸管とは、子宮の下部であり、入り口箇所のことを指します。

クラミジアの細菌は、細菌とウイルスの間に分類がなされており、生存細胞の中で増殖します。

こうしたクラミジア頸管炎をはじめ、クラミジアの感染症は日本では最も感染者の数が多い性感染症で、その感染するパワーは非常に強いため注意が必要です。

女性がクラミジアに感染しやすいのは子宮頸管で、これがクラミジア頸管炎につながっていきます。

クラミジア頸管炎の症状

クラミジア頸管炎自体には、それほど重い症状が起きてしまうといったことはなく、発熱や下腹部の痛みといった症状が表れる程度です。ですので、パートナーが変わるごとに次々と感染を拡げてしまうこともあり、危険が伴います。

男性の場合は尿道炎を起こしてしまうため、排尿時における痛みや尿道から膿が出てしまうといった自覚症状が見られる場合もあります。

しかし、女性の場合、症状に気づかないことで病院に行かず、対処もしないまま放置してしまうと、子宮頸管炎を引き起こしてしまう恐れもあります。

子宮頸管炎は子宮頸管に炎症が起きてしまう状態のことを指します。感染したクラミジアが性器から身体の中へ入ってしまうと、まずこの子宮頸管に感染し、結果、子宮頸管炎が発症してしまうのです。

この子宮頸管炎の主な症状としては、おりものの増加、性器のかゆみ、下腹部の痛み、膀胱炎、生理以外の不正出血といったことが見られます。

こうした症状は、どれも女性のクラミジアに見受けられる典型的な症状とされ、それだけクラミジア感染による子宮頸管炎の発症は高いと言えます。

また、クラミジア頸管炎における菌が腹腔内にまで侵入してしまうと、今度は卵管炎や肝周囲炎にまで進行してしまい、これが出産時、胎児が産道を通過する際に感染した場合、さらに重い肺炎や結膜炎になってしまう可能性もあります。

また、女性の持つ卵管にクラミジアが原因の炎症が広がってしまうと、卵管が狭くなってしまい、受精した卵子が通れないことから不妊につながってしまう場合もあります。

クラミジア頸管炎の原因

前述のように、クラミジア頸管炎は子宮頸管にクラミジアの細菌が増殖してしまうことから発症する病気です。しかし、そもそも、クラミジアはどのようにして体内に侵入してしまうのでしょうか。

クラミジアはまず、性行為によって感染してしまいます。クラミジアは乾燥に弱いこともあるので、感染にとって必要なのは粘膜と粘膜の接触や、粘膜と体液の接触であると言えます。

クラミジアは性行為以外の感染経路や原因は考えにくく、たとえば、風呂やプール、それにトイレなどで感染するといったことはありません。

さらに、クラミジアに感染した人と性行為を行なってしまった場合の感染率は50%を超えると言われており、男性の場合は感染すると1~3週間ほどで症状が表れだしますが、その感染した男性の約半数の方は無症状のため、気づきづらいのが特徴です。

クラミジア頸管炎の治療法

前述による症状が表れた場合、早急に病院へ行き、検査をされることをお勧めします。検査は膣内にある分泌液を採取したり、血液検査で細菌やクラミジアが見られないかを調べます。

こうした検査でクラミジア感染やクラミジア頸管炎が確認されると、抗生物質の投与や、場合によっては膣内にも抗生物質の投与を行ない、膣内を消毒したり洗浄したりしながら治療していきます。

こうした治療は男女ともに抗生物質を1日から1週間ほどかけて飲んでいきます。

炎症があまりにもひどく、腹痛や発熱も伴う場合は、点滴による治療も必要になる場合もあります。そして、治療後に再び検査を行なって、「陰性」の結果が出ていることが確認されれば、ようやく完治となるのです。

また、患者にパートナーがいる場合は、相手も同時並行で治療しなくてはいけません。

このような際にどちらか一方しか治療を行なわないと、仮に一度治っても治療後に性行為をしてしまえば、治療していないパートナーから再び感染することになってしまい、いつまでも完治できないからです。ですので、このようなときは、パートナーの治療も非常に重要になるのです。

 - 感染症・性感染症