アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

プールやトイレでも感染する…トリコモナス膣炎の予防法

      2017/01/13

プールやトイレでも感染する…トリコモナス膣炎の予防法

トリコモナス膣炎は性感染症の一つですが、カンジダ膣炎やクラミジア膣炎と比較して知名度は低く、危険性も高くありません。しかしそのまま放っておくと妊娠できなくなったり、男性に感染することもあります。

どの様な症状であるのか、治療方法や予防方法について知識を持つことが必要です。

トリコモナス膣炎とは

トリコモナス膣炎とは、女性の膣内で「トリコモナス原虫」という微生物が増殖して引き起こされる感染症です。トリコモナス原虫は膣内の粘膜に寄生して、膣内で分泌されるグリコーゲンを養分として増殖していきます。これにより炎症やおりものなどの症状がおきます。

原虫と言いますが、虫やウィルスではなくではなくアメーバなどの微生物の仲間です。顕微鏡で確認できるので診断が付き易い病気です

トリコモナス膣炎の症状

トリコモナス膣炎の症状として代表的なものはおりものの異常です。感染すると今までにない悪臭がして、黄緑色や白い泡状のおりものが出る様になります。

その為に自分で心配になり、診察を受ける女性が多いのです。中には膣壁から出血する為におりものに血が混じることもあります。

デリケートゾーンの不快な症状としては、炎症によるかゆみやただれがあります。中には焼け付く様な痛みを感じる人もいて、日常生活が困難になる場合もあります。また、性交時や排尿時に痛みを感じることもあります。

しかし中には症状が軽い為に自分で感染していることに気が付かない女性もいます。その様な場合、パートナーの男性が感染してしまう可能性もあるのです。

男性は女性よりも症状が出にくいことから、感染していることに全く気付かず、女性が完治しても再度移してしまい再発させてしまうこともあるのです。

また、妊娠中の女性がトリコモナス膣炎に感染した場合、様々な影響が現れる可能性があります。

妊婦はつわりなどの症状が酷い為に、その他のことに関しては後回しにしがちですが、トリコモナス原虫は一度感染すると自然に死滅することはないので、必ず治療することが大切です。

そのままにしていると子宮内の環境バランスを保っている常駐菌の活動を妨げる為、流産や早産をしたり、前期破水の原因となることもあるのです。また、出産時に胎児が産道を通る際に、母子感染をする可能性もあります。

トリコモナス膣炎の原因

トリコモナス膣炎の原因は、トリコモナス原虫が膣内に寄生することです。トリコモナス原虫の主な感染経路としては、性行為の際にコンドームを使用しなかったことが挙げられます。

トリコモナス原虫は女性だけに寄生するものではありません。男性は症状が出にくいのですが、感染している可能性も高く、気づかず男性から女性へ感染させている可能性もあるのです。

そして性行為をしていないにも関わらず感染する可能性もあります。それは、他人の下着やバスタオルを使用したり、大勢が使用するトイレで便器を使用したり、プールや温泉などで感染する場合です。

特にトリコモナス原虫は水分を好むので、プールや温泉では感染の可能性も高くなります。

胎児にとっては出産時に産道感染もありますので、性交渉さえしなければ安心、と思わないことです。

トリコモナス膣炎の治療法・予防法

現在ではトリコモナス膣炎には効果的な治療薬があります。メトロニダゾールは抗トリコモナス剤として効果があると言われ、内服治療が行われています。

この治療薬は女性だけではなく、男性のトリコモナス症にも効果があります。女性の場合は膣内に錠剤を使用したり、デリケートゾーンで痛みやかゆみが酷い場合には軟膏も処方することで、より早く改善できる様になっています。

医師の指示に従い薬剤で治療を行えば、通常は2週間程度で完治するものです。

自分で治療したいと思う人もいるでしょうが、基本的に抗トリコモナス剤は医師の処方のみで使用できるものです。通信販売などで購入できる場合もありますが、効果や副作用に関しては保障されません。

トリコモナス膣炎を予防する為には、性交渉時に正しくコンドームを使用するのが一番です。また、不特定多数の人と性交渉をすることはトリコモナス膣炎だけではなく、あらゆる性病感染の危険性があるので避けましょう。

性行為以外での感染を防ぐ為には、プールや温泉などで椅子を共有する場合、使用前に良く洗ってから座りましょう。公共施設でトイレを使用する際には除菌シートを使用することもお勧めです。

常にデリケートゾーンを清潔に保つことは大切ですが、ビデで膣内洗浄をし過ぎると膣内の必要な常在菌まで洗い流してしまい、抵抗力がなくなってしまいます。

あまり神経質になり過ぎず、通気性を良くすることを心掛けましょう。

女性は生理時にナプキンをこまめに取り換えることと、男性は通気性の良い下着を身に付けると良いでしょう。

 - 感染症・性感染症