アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

デリケートゾーンのかゆみがつらい!再発するカンジダ膣炎

      2017/01/13

デリケートゾーンのかゆみがつらい!再発するカンジダ膣炎
いつもと違うおりものに、不安がよぎることはありませんか。

白色や黄緑色のポロポロしたおりものが下着に付着するようなら、もしかするとカンジダ膣炎かもしれません。

この記事では、カンジダ膣炎とは何か、その症状、その原因、そして治療法や予防法について解説していきますので、デリケートゾーンのかゆみや、下着についたおりものに不安を感じている人はぜひ参考にしてください。

カンジダ膣炎とは

カンジダ膣炎は、膣内に常在している「カンジダ」と呼ばれる真菌(カビ)の一種が増えすぎることによって起こる病気です。カンジダ膣炎の他に、膣カンジダ症、性器カンジダ症と呼ばれることもあります。

カンジダ膣炎は性行為を伴わなくても発症します。しかし、パートナーがカンジダ膣炎になっている時に性行為をすると感染することもありますので気を付けましょう。

この病気は健康な女性であっても誰でもかかる可能性がある病気です。実際、多くの女性がカンジダ膣炎を経験しており、ありふれた病気でもあります。

カンジダ膣炎の症状

カンジダ膣炎の特徴的な症状のひとつに、おりものの変化と増加があげられます。この病気になると、おりものがまるでヨーグルトやカッテージチーズ、酒粕のようにポロポロとした状態になることが多く、色は白色や黄緑色になります。

このおりものに臭いは特にありません。おりものが固まって下着に着くので、いつものおりものと違うと判断できます。

おりものの量は個人差があり、また生理周期によって異なりますから、普段から自分のおりものの状態をチェックしておく習慣をつけるといいでしょう。

またおりものの変化とともに外陰部や膣の内部に痒みを伴うことが多く、ひどくなると患部がヒリヒリしたり、赤みやただれがでたりすることもあります。

その他にも排尿時や性交時に痛みを感じたり、性交時に出血を伴ったりすることもあります。

カンジダ膣炎と似た症状を呈する婦人科も病気もありますので、カンジダ膣炎と決めつけずに気になる症状があれば、早めに病院を受診するようにしましょう。

カンジダ膣炎の原因

カンジダ膣炎が起こる原因として挙げられるのは、まず体力や免疫力の低下です。カンジダは膣内に常に存在する常在菌で、膣内が善玉菌に守られている普段は悪さをすることはありません。

ですが、病気にかかるなど何らかの原因で免疫力が低下すると膣内の善玉菌が減ってしまいます。そして、それまで抑えられてきたカンジダが増殖し、カンジダ膣炎になってしまうのです。

次に考えられる原因としては、抗生物質の服用が挙げられます。風邪や膀胱炎などで抗生物質が処方されることがありますが、服用した抗生物質が膣内の善玉菌まで除菌してしまうことがあります。

膣内の善玉菌が減ってしまうためにカンジダ菌が異常に増殖し、カンジダ膣炎が引き起こされるのです。

そして、生理前や妊娠もカンジダ膣炎を起こす原因の一つとなります。これは、生理前や妊娠中にホルモンのバランスが崩れるためです。このことが原因で膣内の善玉菌が減り、カンジダが増殖しやすくなります。

またストレスもホルモンバランスに影響を起こしますし、免疫力も下げてしまいますので、カンジダの発症原因になることがあります。

また糖尿病や肥満の方は、カンジダ膣炎を起こしやすくなりますので、注意が必要です。

カンジダ膣炎の治療法・予防法

カンジダ膣炎の治療には、抗真菌剤を主成分とした膣剤や外用薬を使用します。再発した場合は、市販の薬で治療することもできます。

カンジダ膣炎は軽度の場合は自然に治癒することもあります。睡眠をたっぷりとってストレスを溜めないようにし、適度な運動を心がけるなど、規則正しい生活を送りましょう。

しかしながら、カンジダ膣炎は放っておくと夜も眠れないほどかゆみがひどくなることもありますので、悪化してくるようなら早めに治療するようにしましょう。

また、カンジダ膣炎は一度治っても再発しやすい病気でもありますので、しっかりと予防することがとても大切です。

カンジダは真菌(カビ)の一種なので、湿った環境を好みます。ナプキンやおりものシートはこまめに取り替えるようにして、湿気を溜めないようにしましょう。

シャワーなどで患部を清潔にするのは大切なことですが、石鹸で洗うのは外陰部だけにとどめ、膣内は洗わないようにしましょう。これは、石鹸は中性のものが多く、膣内が中性に傾き、感染症や炎症が起こりやすくなってしまうおそれがあるためです。

カンジダ膣炎を引き起こす原因となる肥満や糖尿病にならないように、普段から食生活に注意することもカンジダ膣炎の予防法となります。

 - 感染症・性感染症