アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

誰でもなる可能性があるジェルネイルアレルギーとは?

      2017/01/13

誰でもなる可能性があるジェルネイルアレルギーとは?
若い女性から年配の女性まで最近人気の高い、ジェルネイル。月に一度の自分へのご褒美としてネイルサロンへ通う方もいるでしょう。手軽にセルフネイルができるネイルキットが販売されており、セルフネイリストが増えているのも事実です。

ジェルネイルは正しく施術しなければ、爪にトラブルが起こります。爪が薄くなることや爪にカビが生えるトラブルは比較的知られていますが、皮膚トラブルがあるというのも知っている人は多くはないでしょう。

ジェルネイルアレルギーは、誰もが発症する可能性があるためジェルネイルをする人、してもらう人は知っておくべき疾患です。

ジェルネイルアレルギーとは?

ジェルネイルアレルギーは、接触性皮膚炎に分類される皮膚疾患です。一般的に接触性皮膚炎は「かぶれ」として知られています。

接触性皮膚炎は、原因となる物質が皮膚に直接触れることにより発症します。接触性皮膚炎の原因物質は様々なものがありますが、化粧品や薬剤、植物または金属などの刺激の強いものになります。

ジェルネイルアレルギーは爪に塗布するジェルやネイルオフに使用する薬剤が原因物質となって発症するもので、誰でも罹患する可能性があります。

症状の軽いうちはジェルネイルアレルギーを発症していることに気づかず、単なる手荒れだと認識する場合があります。そして症状が悪化してからようやく気づいて医師にかかるため治療が困難になることもあります。

ジェルネイルアレルギーの症状

ジェルネイルアレルギーの症状は、主に痒みを伴う発疹です。水泡や紅斑が生じることもあります。水泡は表皮や表皮下に水のたまる水ぶくれをいい、紅斑は毛細血管の充血が原因で皮膚が赤くなることをいいます。

ジェルネイルアレルギーはひどいものになると、患部に強烈な痒みが生じます。発症してからも繰り返しジェルネイルの薬剤に触れていると、皮膚が外的刺激から体の内部を保護しようと角質を厚くさせるため皮膚が硬くなります。

皮膚が硬くなるとひび割れが起こることがあり、痛みを生じます。

ジェルネイルアレルギーの原因

ジェルネイルアレルギーの原因物質は、ジェルネイルのジェルやネイルオフの際に使用する薬剤が第一に疑われます。

プロのネイリストによる施術ではなく自己でジェルネイルを行うセルフネイルの場合は、特に皮膚にジェルや薬剤が付着してしまうことがあるので要注意です。

皮膚に付着してしまった場合は、その原因物質を完全に落とすことが重要です。ジェルネイルアレルギーではないからといって、多少の薬剤がついていても放置したりしないようにしましょう。

ジェルネイルアレルギーはいつ発症するかわかりません。

ジェルネイルアレルギーの治療法

医師の診断によりジェルネイルアレルギーだと診断されれば、塗り薬や飲み薬を処方されます。塗り薬はステロイド配合のものを処方されれば、ジェルネイルはやめて早期に治癒を目指しましょう。ステロイド配合の薬は基本的には長期間つかうものではないからです。

これらは、できている発疹等の治療になりますので根本的な治療ではありません。ジェルネイルアレルギーは原因となる物質がほとんどジェルネイルをする際の薬剤ですので、その原因物質に触れないようにしなければなりません。

原因物質に触れないようにすることが根本的治療となります。一度発症してしまったら、その薬剤は一切使わないことが完治への一番の近道です。

ジェルネイルアレルギーの予防法

ジェルネイルアレルギーにならないために予防法をご紹介します。あくまで予防であり、発症してしまったら医師の診断、医師の指示に従ってください。

・ジェルネイルの薬剤等、原因となる可能性の物質が皮膚に付着しないよう細心の注意を払う

・その物質が皮膚に付着してしまった場合は、即座に完全に洗い落とす

・ジェルネイルをする前にその物質が付着しそうな箇所にハンドクリームを多めに塗布しておく

こうしたリスクを知っておくことで安全にジェルネイルを楽しむことができます。ネイルオフをする際は換気をよくしたりマスクを装着するなどすれば、皮膚のリスクのみならず、より安全に楽しむことができます。

 - その他アレルギー