アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

デリケートゾーンのつらいかゆみは外陰炎かも!?種類は2つ

      2017/01/13

デリケートゾーンのつらいかゆみは外陰炎かも!?

外陰炎(がいいんえん)は女性に見られる病気です。

外陰炎の症状を知っておけば早期治療ができますし、原因や予防法が分かれば自分で注意することができます。

中々人に相談できない病気ですので、この機会に是非知っておきましょう。

外陰炎の症状

外陰炎の症状として知られているのは外陰部のかゆみです。

生理時にナプキンを使用している時や、夏場などに下着がムレてかゆみが起きることがありますが、外陰炎の場合は外陰部が熱っぽく感じたり、刺激が与えられている様な違和感があります。

かゆいからとかいてしまうと、下着の摩擦で痛みを感じたり、赤く炎症になってしまうこともあります。この時外陰部を観察すると、ただれている部分がプックリと腫れていますので、分かりやすくなります。

かゆみがひどくなると傷ができて排尿時や性交時に痛みを生じます。常にかゆみがあると皮膚に傷がついた状態が続き、外陰部が黒ずんだり硬くなったりします。

感染性外陰炎の場合は、傷が付くことにより痛みかかゆみが広がり、肛門付近や足の付け根までただれてしまうこともあります。人によってはかゆみや痛みをあまり感じない場合もありますが、放っておくと広がりやすいので注意が必要です。

外陰炎には感染症が原因となっているものもあります。カンジダ膣炎に感染すると、おりものの色が白っぽい粒状になったり、強いニオイを生じます。

パートナーから指摘されることが多いのですが、その様な場合にはパートナーもカンジダがうつる可能性があるので検査を受けることが大切です。

外陰炎の治療法

外陰炎の原因としては大きく分けて感染性外陰炎と接触性外陰炎があります。

・感染性外陰炎
大腸菌やブドウ球菌、淋菌などの細菌や、カンジダなどの真菌系(カビの種類)、トリコモナス原虫などに感染することで発症します。

細菌は様々なところに存在していて、大腸菌の場合は排便の後に拭き取りをする際に、便が外陰部に付着することで起こりやすくなります。

ブドウ球菌は食べ物と共に口から入ってきますし、淋菌は性行為で感染するケースが多くなります。

身体が疲れている時などは免疫力が弱り、これらの感染症にかかり易いのです。感染性外陰炎の場合、膣炎との合併症になることが多く、外陰部だけを治療しても治りにくくなります。

・接触性外陰炎
下着の摩擦やムレ、おりものや生理の出血により外陰部が刺激されることが発症します。

さらに、生理時に出血で汚れるからと洗浄剤が入ったビデで洗いすぎると、膣内の常在菌が必要以上に殺菌されてしまい感染性外陰炎になる可能性もあります。

外陰炎の治療法

外陰炎の治療方法は、基本的に薬物治療になります。

自然治癒させたいと思ったら、最初にかゆみが出た段階で下着をこまめに取り換えるなど外陰部を清潔に保つことで改善できる可能性もあります。

しかし、かゆみが強い場合や感染症から膣炎を併発している場合にはなかなか治りにくいので、1週間経ってもかゆみが続く場合には婦人科に通院することが大切です。

婦人科で処方される薬としてリンデロンという外用薬があります。リンデロンはステロイド系ですが、強いものではなく副作用が出にくいとされており、外陰部のかゆみやかぶれに対して高い効果があります。

市販薬で治療をしようと思った場合、フェミニーナ軟膏やデリケアという製品があります。

フェミニーナ軟膏の主成分はリドカインというかゆみを止める成分と、ジフェンヒドラミン塩酸塩という抗ヒスタミン成分です。その他にも細菌の発生を抑えて、肌の血行を良くする成分も含まれています。

デリケアの主成分はジフェンヒドラミンというかゆみを止める成分と、イソプロピルメチルフェノールという雑菌の繁殖を抑える成分です。

その他にも皮膚組織を修復して炎症を鎮め、血行を良くする成分が含まれています。

市販薬は接触性外陰炎の際の使用にはおすすめですが、感染性外陰炎の場合には病院に行って診察をしてもらい薬を処方してもらいましょう。

外陰炎の予防法

外陰炎の予防法として一番大切なことは、常に清潔を保つことです。

女性の外陰部は中に引っ込んでいますので、洗う時に無理に中まで洗おうとして皮膚に傷が付くこともあります。強い刺激のある石鹸ではなく、弱酸性のソープで優しく洗いましょう。

また、手を清潔にすることも大切です。眠っている間など意識していない時に外陰部を触っている可能性もありますので、常に手を清潔にしておきましょう。

女性はおりものがあったり、生理中には下着の中がムレ易いものです。生理中にはナプキンをこまめに取り換えて、通気性の良い下着を付けるようにしましょう。

 - 感染症・性感染症