アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

気管支ぜん息などに用いられるステロイド薬「リンデロン」

      2017/01/20

気管支ぜん息などに用いられるステロイド薬「リンデロン」

ステロイド薬リンデロンの作用

ステロイド薬リンデロンはさまざまな作用をもつ薬です。

基本的な作用としては、炎症を抑える作用を挙げることができます。

気管支ぜん息をはじめ、多くの症状・病気を治療する際に用いられる薬として知られています。

ステロイド薬リンデロンの特徴

ステロイド薬リンデロンは強力な作用をもつことが特徴です。

炎症を抑えること以外に、免疫系を抑える作用も持っているため、広範囲の治療に使用することができます。

関節リウマチ、ネフローゼ、重度のアレルギー症状などにも用いることがあります。

ステロイド薬リンデロンの注意点

強力な作用を持つステロイド薬なので、気管支ぜん息など以外にアレルギーや持病がある人の場合、医師に相談してから用いる必要があります。

抗けいれん薬として用いられるフェニトインや、結核の薬として用いられるリファンピシンなどの薬を併用していると、効果が弱まってしまう可能性があります。

ステロイド薬リンデロンの効能

リウマチ疾患、ネフローゼ症候群、気管支ぜん息などの治療に効果をもたらします。

さまざまな症状に用いることができる薬なので、内科・小児科などに限らず、泌尿器科や産婦人科の病気などで用いることもあります。

ステロイド薬リンデロンの用法・用量

成人の場合は錠剤またはシロップで1日0.5mgから8mgを1回から4回に分けて、小児の場合はシロップで1日0.15mgから4mgを1回から4回に分けて服用します。

年齢や症状によって調整する必要があるため、医師に相談しなければなりません。

ステロイド薬リンデロンの副作用

長期間にわたって大量の服用を続けていると、副作用が出やすくなります。

たとえば、発熱・喉の痛み・倦怠感などです。

また、飲み始めの段階で多く見られるのは、不眠・消化不良・吐き気・下痢などの症状です。

脂肪の異常沈着が見られることもありますが、減量すれば治まってきます。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, 気管支ぜん息, 気管支ぜん息に効く薬