アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

ドケルバン病のセルフチェック法!スマホで親指を酷使してない?

      2017/01/13

ドケルバン病のセルフチェック法!スマホで親指を酷使してない?
ドケルバン病は親指の付け根が腱鞘炎となる病気で、親指の酷使がその原因です。スマホ利用者の増加に伴い、患者は増加している傾向にあります。

この病気になると、テーピングで患部を固定し、注射で炎症を抑えることで治療が図られます。重症化すると手術となる場合もありますが、手術は短時間で終わる負担の軽いものとなっています。

ドケルバン病の症状

ドケルバン病は、親指の付け根から手首にかけて発生する腱鞘炎の一種です。親指の付け根から手首にかけて痛みや腫れが発生するのが大きな特徴となっており、ドケルバン病は狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)と呼ばれることもあります。

ドケルバン病の初期段階では、親指を動かすことでかすかな痛みが生じたり、手首に違和感を覚えるようになります。

症状が進むと、親指や手首を動かした時に親指の付け根周辺に激痛が走るようになり、寝ている時にも痛みがするようになります。また、親指の下から手首にかけて腫れが生じることもあります。

さらに、症状が酷くなるとビンの蓋を開けられなくなるほどに痛みが強くなる場合もあるため、ドケルバン病に対しては早期の治療が必要となります。

ドケルバン病については自己診断も可能です。

親指を内側に握り込むように握りこぶしを作り、手首を内側に強く倒します。その際、親指の付け根から手首にかけて痛みが生じたら、ドケルバン病の可能性が疑われます。

また、親指と人さし指をくの字に広げた状態で手首を下に向け、親指を動かしてみた時に、手首の周辺部に痛みが生じたら、ドケルバン病の可能性が疑われることになります。

ドケルバン病の原因

ドケルバン病は、腱鞘炎の一種です。親指の付け根から手首にかけて、親指の動きを司る2本の腱が手首の腱鞘内部を走っています。

親指を頻繁に動かしたり親指に過度な負荷がかかると、この2本の腱が炎症を引き起こして発症させてしまいます。ドケルバン病になると、近接する2本の腱が肥大化し、相互に触れるようになって腱の表面が傷つき痛みが生じます。

また、肥大化した2本の腱は相互に干渉して自由な動きを阻害するようになるため、親指や手首が動かしづらくなってしまいます。

ドケルバン病になりやすい人

ドケルバン病は親指に過度な負荷がかかることで発症するものなので、親指を酷使しやすい人はドケルバン病になりやすい傾向にあります。

・出産後の女性
出産後の女性は赤ちゃんを抱きかかえる際に、親指と人差し指で赤ちゃんの両脇を抱えて持ち上げることが多く、その際、親指に赤ちゃんの体重がかかることで、親指の腱を痛めてしまうのです。

・スマホを頻繁に使用する人
片手でスマホ本体を支えたまま、親指だけでスマホ画面をタップするようになると、親指に強い負荷が掛かります。また、スマホでゲームを長時間行うと、親指を不自然な態勢で動かすことになり、親指に大きな負荷がかかってしまい発症してしまうのです。

また、オフィスワークなどで日常的にパソコンを多用し、指を酷使している人もドケルバン病を発症することがあります。

ドケルバン病の治療法

ドケルバン病の治療は整形外科で行われ、3つの方法から治療が図られます。

・サポーターなどで親指の動きを固定する
サポーターやテーピングで親指が安静を保てるように親指の動きを固定し、炎症が沈静化することを待つことで治療が行われます。

・注射
炎症を起こしている親指の腱の部分に炎症止めの注射をし、患部の腫れや痛みを和らげます。

・手術
上記2つの方法で、多くのドケルバン病は治療できるようになっていますが、症状が重症化している場合には第3の治療法である手術が行われることになります。

手術では、自由な動きが阻害されている腱の動きをよくするために、小さなメスで肥大化した腱の一部を切開します。手術に要する時間は5~10分程度で、入院も必要ありません。

また、手術の翌日から普通に手や指を使うことも可能で、手術は重傷患者に対してだけではなく、サポーターで手を固定することで仕事に支障が生じる患者に対して実施されることもあります。

ドケルバン病の予防法

ドケルバン病は親指に負荷がかかると発症します。そこで、親指の腱が腫れないように、スマホやパソコンを使用する際にはこまめな休憩を取ることが大切になります。

また、スマホを使用する際にはその操作方法も大切です。片手でスマホを持ったまま、画面を親指でタップするようにすると、親指に強い負荷がかかってしまいます。

スマホを片手で使用するのではなく、空いた手でスマホを支え、もう片方の手の人差し指でスマホを操作するようにすれば親指に負荷がかかることを防げるようになります。

さらに、作業や仕事で指を酷使した後に、指の腱を伸ばすために指と手のストレッチをすることもドケルバン病の予防に効果的な方法となります。

 - 手・腕の病気 , ,