アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

腰部脊柱管狭窄症は筋肉の老化が原因!?腰痛持ちは要注意!

      2017/01/13

腰部脊柱管狭窄症は筋肉の老化が原因!?腰痛持ちは要注意!
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)というのは、特に脊柱管(せきちゅうかん)について起こる病気です。

脊柱管とは背骨の間の神経を守る管のことをいいます。

椎体(ついたい)と椎弓(ついきゅう)で縦に長くできているのが背骨で、その椎体と椎弓の間の空間が、脊柱管と呼ばれる所です。特に、腰椎(ようつい)の脊柱管が問題になって発症する病気が、腰部脊柱管狭窄症ということです。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症は、腰から下に症状が現れます。

腰痛が最も多くみられる症状で、脚にしびれを感じるということもあります。また、脚にハリを感じるということも多いです。

そして、歩き始めはなんともなくても、しばらく歩いていると足に痺れを感じたり、痛みを感じたりして止まってしまうということもあります。

しばらく休むと痛みがなくなり、また歩けるようになるのですが、またしばらくすると痛みが出てきて休まなければならない、といったことを繰り返す症状がよく見られます。

これは間欠跛行(かんけつはこう)という腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

こういった脚の痛みなどの症状は、両足に出るとは限りません。どちらか片方の足のみに出るということもあります。上りよりも下りの階段で痛みを感じることが特徴になっています。

腰部脊柱管狭窄症による間欠跛行の症状が進むと、歩けなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症の原因としては、生まれつきの体質からなる先天性が原因ということもありますが、脊柱管を構成する椎体や椎弓の変性や、靭帯や椎間板の変性と膨張など背骨に加齢に伴う変化が加わることが原因で脊柱管が圧迫されて狭くなり、その中の神経に支障をきたします。

そのため、腰部脊柱管狭窄症は老化現象の1つとしても考えられています。

腰部脊柱管狭窄症になりやすい人

腰部脊柱管狭窄症というのは中高年の方によく見られます。しかしながら、若いときに重いものをもつような肉体労働をよくしていたという人にも見られることがあります。

こういった腰に負担がかかるようなことを若いうちにしていると、年齢を重ねてから椎間板などの変性が顕著になり、腰部脊柱管狭窄症を発症するということも珍しくありません。

また、自動車の運転をよくする人も腰部脊柱管狭窄症になりやすいと言われています。運転中は長時間が同じ姿勢でいるために、腰に負担がかかりやすく背骨の圧迫や変性を引き起こしやすいためです。

腰部脊柱管狭窄症の治療法

腰部脊柱管狭窄症の治療には、大きく分けると手術療法と保存療法の2つの選択肢があります。重症の場合を除いて通常は、保存療法から始めることになります。

保存療法にも種類があり、薬物療法や理学療法、運動療法や神経ブロック療法に分けることができます。

これらは今ある症状や、患者の生活スタイルなどを考慮して決定されることが多くなっています。もちろん、自分の希望を医師に述べて相談して決めていくことになるでしょう。

薬物療法では、一般的に痛み止めが処方されます。また、腰部脊柱管狭窄症では腰の筋肉が緊張して、これによって強い痛みが出ることもあります。そこで、筋弛緩薬を処方してこの筋肉の緊張を和らげることが行われます。

ビタミンB12によって、神経障害を緩和することが行われます。プロスタグランジンE1製剤によって、神経のまわりを流れる血管の血流を改善していきます。これは間欠跛行の抑制にも効果があると言われています。

このような薬物療法が、保存療法の中でも一番ポピュラーなものとなっています。

手術療法では、狭くなった脊柱管の拡げて、神経の障害を取り除くことが行われます。排尿障害が出ているなど、症状が非常に重い場合には手術療法が行われることもあります。

しかし、手術をして脊柱管を拡げても、神経が完全に回復するとは限りません。神経が十分に回復する力をもっていなければ、しびれが残ることもあります。

脊柱管が狭くなっている範囲が少なければ、内視鏡による手術が行われることもあります。

腰部脊柱管狭窄症の予防法

腰部脊柱管狭窄症を予防するためには、何より適度な運動が一番効果的です。

筋力トレーニングやウォーキングなど、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせたものを、日常的に行えるようにしていると、腰部脊柱管狭窄症になるリスクを大きく減らすことができます。

脊柱管をゆるめる動きである前屈運動もよいとされています。そのため、運動前と運動後に、前屈を中心に入念なストレッチを行うようにするとなお効果的です。

腰部脊柱管狭窄症というのはすでに指摘したとおり、筋力が弱っている高齢者の方に発症しやすい病気です。ですので、日頃から適度な運動を心がけて、腰周りや脚の筋肉を鍛えておくことによって、老化による脊柱管の狭窄という現象を予防することができます。

 - 腰・背中の病気・怪我