アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

眼瞼下垂は手術で治る!アイプチでまぶたがたるんでませんか?

      2017/01/13

眼瞼下垂は手術で治る!アイプチでまぶたがたるんでませんか?
瞼が下がっていると、視界が狭くなって日常生活に支障をきたすだけでなく、他人から見て眠たそうな印象を持たれてしまうなど、色々と問題が生じてきます。

ここでは、このように瞼が上がりにくく、眼が開きにくくなってしまう眼瞼下垂(がんけんかすい)についてご紹介します。眼瞼下垂の症状、原因、治療法、そして、子どもの眼瞼下垂について詳しく見ていきたいと思います。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の症状は、まぶたが上がりにくく、眼が開きにくい状態を指します。多くの場合、先天性による場合が多いですが、加齢によって生じる後天性の症状もあります。

瞼が上がりにくくなることにより、視野が狭く、生活に支障をきたしたり、視力の発達が阻害されたりするなどのケースがあります。

また、視界が確保しにくいために、眉を持ち上げて眼を開けたり、顎を持ち上げて視界を確保しようとしてしまいます。それにより、首周りの筋肉が慢性的に緊張状態となってしまい、肩こりや頭痛、眼精疲労といった症状も引き起こしてしまいます。

更に症状が悪化すると、めまいや吐き気が生じることもあります。その他にも、実に様々な症状が報告されており、例えば睡眠障害であったり、気分障害、不安障害、自律神経失調症、瞼や顔面の痙攣などが挙げられます。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因としては、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん) と呼ばれる筋肉と、この眼瞼挙筋を動かしている動眼神経という神経の異常が挙げられます。

その他にも、まぶたの皮膚がたるみであったり、先天性的な眼球の縮小・萎縮なども原因の一つです。

また、最も多いのが後天性の場合ですが、特に加齢による瞼のたるみが原因となっており、これらの加齢や老化を原因とする眼瞼下垂を老人性(加齢性)眼瞼下垂と呼びます。

最近では若い方でも眼瞼下垂を発症してしまう方も目立ってきています。主な原因としては、コンタクトレンズの長時間の使用であったり、スマートフォンやパソコンの長時間の使用などが挙げられ、これらが原因の眼瞼下垂は腱膜性眼瞼下垂と呼ばれています。

また、若い女性の場合は、アイプチなどで瞼を二重にするアイメイクにより発症してしまうケースも見受けられます。

眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂の治療法としては、手術が基本となってきます。特に症状が重い場合には、視力の低下を招く危険性もあるため、早急な手術による治療が必要となってきます。

一方比較的症状が軽い場合には、手術の必要性があるかどうかは程度によって決められます。特に、眼科手術後であったり脳梗塞後に現れた場合に関しては、手術は行わずに数ヶ月様子を見ながら自然回復を待つのが一般的です。

また、自己免疫疾患の一種である重症筋無力症が原因の場合は、手術は行わずに薬物療法を行うのが一般的です。眼瞼下垂といえども、原因は様々です。医師としっかりと相談した上で、それぞれの症状に最適な治療を選びましょう。

子どもも眼瞼下垂になる?

眼瞼下垂は加齢による後天性のイメージが強いかもしれませんが、実は子どもでも眼瞼下垂になってしまうケースがあります。

多くの場合は、先天性なものが原因となってきます。瞼を持ち上げる眼瞼挙筋が先天的に発育不全の場合、子どもでも眼瞼下垂になります。

特に片方の目だけに症状が見られ、かつ瞳孔が完全に瞼で隠れてしまっている場合には、今後の視力の発達を阻害する危険性があるので、早期治療が重要となってきます。

特に乳幼児期は視力が著しく発達していく時期なので、この時期に先天性の眼瞼下垂が現れている場合は早期治療が必要となってきます。

子どもの眼瞼下垂の治療の場合は手術が一般的です。さらに子どもの場合は、手術は全身麻酔で行うことになるため、少なからずリスクが伴いますので、手術の時期や、お子さんの状態などを踏まえ、医師としっかりと相談した上で手術を検討されると良いでしょう。

 - 目の病気・怪我 ,