アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

薬にもアレルギー反応は起こる! 蕁麻疹(じんましん)の原因となる「薬剤」

      2017/01/20

薬にもアレルギー反応は起こる!アレルギー性蕁麻疹(じんましん)で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。特に理由もなく急にアレルギーになってしまい、大変辛いと思います。

有名なのは花粉症で、花粉の時期になると鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど本当に辛い症状が起こります。アレルギーは食べ物や動物から起こるというのは知られていますが、他にも薬剤によるアレルギーもあるのです。

では、どんな薬剤でアレルギーになるかというと、抗生物質や、結成製剤、アスピリン、サルファ剤、ペニシリンなどの薬剤でアレルギー性蕁麻疹(じんましん)が起こるといわれています。

また、血清やワクチン輸血によっても発症することがあるため注意が必要です。

蕁麻疹(じんましん)発生の過程としては、薬剤そのものによる単純な刺激によって起こる場合は、薬剤がアレルギー反応を引き起こす場合、薬剤が体内で代謝物質を作りそれが刺激になって起こることが多いです。

薬剤性のアレルギーは注射、塗布、挿入によりアレルギーが発症することがあります。

どの薬剤でアレルギーになったとしても、予防するにはアレルゲンに接触しないほかありません。

また、アレルギー性蕁麻疹(じんましん)は遺伝することもありませんし、他の人にうつることもありません。もし治療する場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用することで治療していきます。

薬を飲むと大部分の人はアレルギーの症状が数日で治まりますが、飲み続けるのではなくて徐々に薬の量を減らしていかなければなりません。

軽い蕁麻疹(じんましん)であればかゆみ止めなどで様子を見るだけでも大丈夫ですが、原因を突き止めるのはなかなか難しいです。

蕁麻疹(じんましん)が現れたら、その1時間くらいの間に何を食べたのか、薬を飲んだのかを確認する必要があります。そして、原因が分かったら血液検査などで原因を確かめることが出来ますので病院へ行くことをおすすめします。

アレルギー性蕁麻疹(じんましん)はある日突然起こることもありますので、少しでもかゆみが出たらすぐに対処する必要があります。

中には命に関わることもありますので、原因を突き止めて予防していくことが大切です。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, 蕁麻疹(じんましん)