アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

土食症は子供と妊婦がかかりやすい!土を食べてしまう精神病

      2017/01/13

土食症は子供と妊婦がかかりやすい!土を食べてしまう精神病
土食症という無性に土が食べたくなる病気をご存知ですか。

症状が当てはまる方には早期治療をおすすめすることはもちろんですが、子どもに多く発症する病気だということを知れば自分の子どもの行動をよく注意して見てあげることもできます。

その要因がわかれば治療は始められますし、もしかすると、それに関連する隠れた病気を知ることもできるかもしれません。また、大きな合併症を引き起こさないためにも土食症について知りましょう。

土食症は、珍しい病気ではないのです。

土食症の症状は?

土を食べる食文化も世界各地にあります。アメリカの原住民は疲労回復に土を食べるようですし、フランス料理にも土を用いる料理があります。ですが、土食症とはそのようなことではありません。

日本でも実は古くから知られているもので、特に妊娠した女性が土や土壁を好んで食べるというような症状を指します。また、普段そのような嗜好がないにも関わらず無性に土を食したくなる症状に陥った場合、土食症という病名がつきます。

土だけではなく、髪の毛や氷、チョーク、便、ほこりなどといった食べ物とはかけ離れた物を無性に食べたくなり、実際に食べてしまう病気をまとめて異食症といいます。

土食症の原因は?どんな人がなりやすい?

妊娠した女性が無性に土を食べたくなりやすいのは、妊娠をきっかけに体に亜鉛や鉄分が足りなくなることが原因です。妊娠中に亜鉛が不足するのは、母体から胎児に多くの亜鉛が消費されるためです。

亜鉛不足は、味覚障害を引き起こします。味覚障害に陥ると体は土が含む亜鉛を欲するのです。土には豊富なミネラルや鉄分、亜鉛が含まれていますので美肌効果のために泥パックがあるくらいです。

また、子どもの土食症は、知的障害や精神障害を持っている場合が多いものです。まだ小さな子どもであれば土食をきっかけに知的障害や精神障害を疑うことになるケースもあります。

土ではありませんが夏の暑い日に氷をかじるのが好きな人は、これを聞いて異食症を心配するかもしれませんが、異食症には定義があります。

これは、アメリカ精神医学会のマニュアルによるものですが、非栄養物質を食すことが1か月継続していること。非栄養物質を食すことがその本人の発達水準から見ても不適当であることなどがあげられます。

土食症、異食症は、女性や子どもに発症しやすい病気です。子どもであれば1歳半ほどから症状が現れますが、思春期を過ぎれば落ち着きます。これらの病気は年齢とともに治ることが多いとされる病気です。

小さな子が砂遊びの際、自発的にずっと砂を食べているような場合は注意が必要です。妊娠中に発症した土食症は、出産を終えれば自然に症状はなくなります。

全般的に知的障害、精神障害、味覚障害、貧血などといった障害や病気を持っている人には現れやすい症状です。

土食症の治療法は?

土食症を治療するには、そもそもの要因を治療することから始まります。味覚障害を持つ人はまずは亜鉛の摂取から始めることになりますし、貧血を持っている人は鉄剤での薬物治療や食事療法から始めることとなります。

特に、子どもに対しての治療法は、要因からの治療とともに、ものの考え方や受け取り方に働きかけて気持ちを楽にしてあげる認知行動療法や、家族とともにカウンセリングする家族療法が行われます。

これは、精神科や心療内科で取り扱う治療法です。また、これまで土食していたことで、土が含む農薬や病原菌による中毒症状や感染症が起こっている場合もあります。その場合は病院でそれらに対する治療をしなければなりません。

土食症が引き起こす合併症

土などの消化の良くないものを食べることは胃炎や胃潰瘍という合併症を引き起こします。もっと悪化してしまえば腸閉塞にもつながります。腸閉塞は場合によって命に関わる病気ですから、やはり土食症は早く治療すべき病気といえます。

また、異食症の中の毛食症は食べた髪の毛が消化されず、胃液によって固まり胃石という結石ができる合併症となります。日本小児学会の報告によると、日本における20歳未満の胃石症の報告例のうち、95例中93例が女児であり、その93%は毛食による胃石でした。

土食症、異食症ともに子どもに多く見られる病気ですから、恐ろしい合併症を起こす前に大人が気付いてあげるべきですね。

 - 精神・心の病気 , ,