アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

「ダニ・カビ」もアレルギー性蕁麻疹(じんましん)の原因!

      2017/01/20

「ダニ・カビ」もアレルギー性蕁麻疹(じんましん)の原因!
蕁麻疹(じんましん)も、さまざまな理由でなることが多いのです。

例えば、食べ物でなるもの、寒さや暑さでなるもの、薬剤を通してなるものなど原因はたくさんあるのですが、最近増えてきているアレルギー性蕁麻疹(じんましん)の原因は“ダニ”や“カビ”です。

ダニの場合は2種類に分けられるといわれており、一つ目が刺すダニで、二つ目はアレルギーを引き起こすダニです。

アレルギーを引き起こすダニは「チリダニ」といわれており、家の中にいるダニの90%以上がチリダニといわれています。布団、カーペット、ソファー、畳などあらゆるところに生息しているのです。

このチリダニの死骸やフンが空気中のホコリと混じり、ハウスダストになります。このハウスダストを吸ってしまうことにより、アレルギーを引き起こしてしまうのです。

また、カビが原因で起こるアレルギーは黒カビが原因といわれ、特に日本は湿気が高いためカビが繁殖しやすいといわれています。浴室、トイレ、台所、排水口でカビが繁殖することが多く、結露が起こる窓や壁にも繁殖します。

そして、知らない間に空気中に舞い上がっているカビを吸い込んでしまい、それが原因でアレルギーになってしまいます。

このように、知らないうちに“ダニ”や“カビ”を体に取り込んでしまっているのです。

また、ダニやカビは目に見えるものではないため、空気中にいたとしてもまったく気づきません。特に冬は寒くて換気することを忘れがちになっており、部屋にダニやカビが存在しやすい環境になっています。

カビは、湿度が高いと発生しやすいため湿度を上げすぎないように工夫することが大事で、水周りは小まめに掃除をするようにしましょう。そして、ダニは布団などにいることが多いので、天気が良い日は外で干すようにしましょう。

日常生活に気をつけてダニやカビを吸い込まないように心がけてください。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, 蕁麻疹(じんましん)