アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

体が温まることで起こる温熱蕁麻疹(おんねつじんましん)について

      2017/01/20

体が温まることで起こる温熱蕁麻疹

温熱蕁麻疹が起こるメカニズムについて

温帯蕁麻疹というのは知っているかたも多いのではないでしょうか。

体が温かくなると起こる蕁麻疹ですが、主になりやすい場所はお風呂場です。寒い冬はお風呂で体を温めたい人が多いですが、そうすると体がかゆくなってしまいます。それではせっかくのお風呂が楽しめませんし、お風呂好きには辛いです。

また、他にもスポーツ後に汗をかくとかゆくなったり、コタツやストーブの前に行くとかゆくなったりします。これでは、寒い冬は大変です。

では、まずはなぜ体が温まると蕁麻疹が出てしまうのかメカニズムを紹介します。

まず、皮膚が温まることによって血行が良くなっていき、ヒスタミンの分泌が促進してしまうことから、かゆみが誘発されます。さらに、汗管から汗孔にかけてなんらかの排出障害があり、スムーズに汗が排出されず、その結果本来排出されなければいけない汗が汗管内に貯留します。

そして、貯留した汗が汗管より皮内にもれてそれが刺激となり炎症が生じてしまうというわけです。

また、かゆみを発症しやすい場所は人それぞれですが、一般的に汗をかきやすい背中、太ももの内側、足などに多く見られることが多いです。

また、どのような症状かというと、かゆみが出たり、ピリピリという症状もあり、針で刺されたような痛みが走ることもあります。また、特徴としては、冬に悪化して夏に改善されることが多くみられます。

このように、温熱蕁麻疹が起こるにはメカニズムがあり、大変辛いものです。

他にも、キムチやカレーなど刺激物、厚着をしている時なども蕁麻疹が起こることがあり、特に冬は全体的に体を温めることが多いので、蕁麻疹がある人は気をつけて生活する必要があります。

蕁麻疹の予防をするには、やはり、原因を遠ざけることが一番ですので、体を温めたり汗をかきすぎることは避けるようにしましょう。

また、あまりにひどい場合は、医師に相談してそれなりの対処をしてもらうことが治すのに一番早い方法だと思いますので、相談することををオススメします。

冬はとても辛い時期なので、少しでも改善されることを願います。

温熱蕁麻疹の予防策、発症時の対処法

温熱蕁麻疹になってしまったら、それと付き合っていくしか方法はありません。ですので、出来るだけならないようにするのももちろん大切なのですが、もしなってしまったらどうすれば良いのか。対処法を予め知っておくだけでも安心するのではないでしょうか。

では、もし温熱蕁麻疹になってしまったらどう対処したら良いのかを紹介します。

まず、蕁麻疹が出てしまったときは、かゆみの箇所を冷やすのが一番早く症状を和らげる方法です。冷たいタオルでかゆい場所を拭いてください。

ここで絶対にやってはいけないことは、かゆいからといって掻いてしまうことです。掻いてしまうと悪化して肌がボロボロになってしまうので、ここは我慢するしかありません。

また、蕁麻疹は抗ヒスタミンの分泌が原因だと分かっていますので、抗ヒスタミン薬を用いて症状の発症を抑えます。ただし、やはり医師に相談して薬を利用することが一番ですので、一度相談してみましょう。

もし、緊急で行く時間がないようでしたら、薬局にいる薬剤師に聞いてみるのも一つの手です。

このようにかゆみがでてしまったら、ひたすら冷やすか薬を用いて症状を和らげるしか対処法はないのですが、日常生活で気を使うことでも少しは改善されます。

特に普段運動していない人は急な血行促進に体が慣れておらず、温熱蕁麻疹になりやすいといわれているため適度に運動することをオススメします。

空いた時間だけで良いので、車を使わず歩いたり、エレベーターではなくて階段を使ったり、日常の生活を工夫してみると良いでしょう。

このように、温帯蕁麻疹になったら体を冷やすことが一番大切です。このときに絶対掻かないようにすること。また、蕁麻疹になったら辛いため、原因になるようなことはできるだけしないように心がけましょう。

例えば、あまり厚着をしない、長時間お風呂に入らない、体を温めすぎないことです。このようなことをできるだけ避けて、蕁麻疹にならないような環境づくりをするのが一番良い方法です。

また、食事などにも気をつけていくと、少しでも蕁麻疹がやわらぎますので是非試してみると良いでしょう。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, 蕁麻疹(じんましん)