アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

パイナップルとアップルの嬉しい栄養素と簡単料理レシピ

      2016/11/15

パイナップルとアップルの嬉しい栄養素と簡単レシピ
パイナップルとリンゴは、それぞれ美容に効く栄養素が含まれています。美肌を叶える各種ビタミンや、体を内側から綺麗にする食物繊維等が、この二つには豊富に含まれています。

パイナップル特有の酸味が疲れを回復させたり、リンゴは血管の病気等を防いだりと、健康にも嬉しい効果があるのです。

パイナップルとリンゴを別々に摂って得られる栄養効果と、二つを両方を合わせて食べることで得られる効能について、そして、二つを使った美味しいレシピをご紹介します。

パイナップル単体で得られる栄養効果

パイナップルに最も多く含まれているのはブドウ糖で、その甘味の源です。これはエネルギーになるのがとても早い栄養素です。

また、酸味のもとであるビタミンB1やビタミンC、クエン酸も含まれており、これらがブドウ糖をエネルギーに素早く変換するのを助けるため、疲労回復に大変効果的です。

ビタミンB1には手足のしびれを予防したり、身体の倦怠感を取り除いてくれるはたらきもあります。

その他にも、パイナップルにはビタミンCによる美白とアンチエイジング効果、カリウムや食物繊維によるデトックス効果が期待でき、美肌やダイエットにも向いている食材です。

アップル単体で得られる栄養効果

アップル、すなわちリンゴには一日に一個食べれば医者要らずと言われる程の栄養価が高い食材です。リンゴには食物繊維が多く含まれていて整腸効果が高く、すりおろして食べれば病気の時や、赤ちゃんの離乳食にも使える優れ物です。

100種類を超える種類のポリフェノールが含まれており、これによって悪玉コレステロールが血管を弱くするのを防ぎ、動脈硬化や高血圧の予防にも役立ちます。

このポリフェノールには抗酸化作用があるため、身体の老化を防止するはたらきもあります。ポリフェノールは皮に特に多く含まれているので、皮ごと食べることをお勧めします。

ちなみに、リンゴの皮には餡とシアニンが含まれており、これは眼精疲労を改善させたり視力の低下を防いだり、また、花粉症やメタボリックシンドロームの予防にも効果があります。

パイナップルアップルにした時の栄養効果

パイナップルとリンゴを両方一緒に摂ることにより、特に期待出来る効果は次のようになります。

パイナップルとリンゴの両方が食物繊維の方庫ですから、この二つを同時に摂れば便秘解消等、腸内環境を整えるには抜群です。

腸の動きが良くなれば、身体に不要なものが体外へ出ていき、必要な栄養素が吸収され易くなるため、効果的に健康と美容を目指すことが出来ます。

また、両方に利尿作用の高いカリウムが多く含まれているため、余分な塩分や毒素を排出してくれ、むくみの解消に繋がります。

パイナップルのビタミンCとリンゴのポリフェノールによる美肌効果と、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が、この両方の食材を摂ることで更に期待出来ます。

パイナップルとアップルをおいしく食べよう!

パイナップルとリンゴを使った美味しいレシピをご紹介します。

・ヨーグルトスムージー
作り方は簡単で、パイナップルとリンゴ(二つは同量)にヨーグルトを加え、ミキサーで撹拌させるだけです。分量はどれも好きなだけで大丈夫です。

ここで液がどろどろし過ぎる場合には、豆乳や水等で水分を足して、調整しましょう。氷を入れると冷たいシェイクのようになり暑い日にはお勧めです。

ヨーグルトの乳酸菌、パイナップルとリンゴの食物繊維が合わさり、便秘解消とダイエットに最適です。ミキサーだけで簡単に作ることが出来るので、忙しい朝の朝食にもぴったりです。

・パイナップル・アップル・パイ
まず、パイ生地を作ります。生地の材料は強力粉と薄力粉を100gずつ、バター170g、水90ccです。強力粉と薄力粉はふるって合わせておきます。

バターを1cm角に切り、粉と合わせて、切るようにさっくりと混ぜます。そこに水を少しずつ加えて生地をまとめ、ラップで包み冷蔵庫で1時間寝かせます。

台に打ち粉をしてから、めん棒で生地をのばします(縦45cm、横20cmくらいに伸ばすのが目安です)。それを三つ折りにして伸ばし、更に三つ折りにしてから再度冷蔵庫で寝かせます。

この三つ折り、伸ばす、冷蔵庫に寝かせるという工程を3回繰り返したら完成です。土台の生地は伸ばして型に入れ、180度のオーブンで20分程焼きます。

次にパイの中に入れる具材(フィリング)を作ります。

パイナップルとリンゴ200gずつを2cm角くらいにカットし、鍋で砂糖50gと共に30分程弱火で煮ます。最後にバター20gを加え、火を止めて良熱で溶かします。

出来上がったフィリングを、焼いておいたパイの土台に入れ、上から残りのパイ生地をリボン状にカットしたものを、網目状に並べ、180度のオーブンで15分程焼いたら完成です。最後にお好みでシナモンをふります。

パイナップルの酸味とリンゴの甘味が合わさった美味しいスイーツです。これは温かいうちに食べるのもお勧めで、リンゴには体を温める効果があり、シナモンもそのはたらきを助けるので、新陳代謝を良くする効果があります。

冬の寒い日に冷えた体を温めるのに丁度良いレシピです。

まとめ

パイナップルとリンゴは、別々に食べるのも良いですが、合わせて食べることで更に健康と美容に良い効果をもたらしてくれます。二つは味の相性も良いので、両方使った料理は大変お勧めです。

 - ライフスタイル