アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

意外と知らない早朝・夜間ランニングのメリットとデメリット

      2016/12/03

ランニングのメリットデメリット

新陳代謝をあげ脂肪燃焼効果を高めたり、新鮮な酸素を身体に取り込むことができたりでメリットがいっぱいのランニング。

その一方でストレッチ不足で体を痛めたり、夜間のランニングで交通事故にあう例も…ランニングによるメリット・デメリットを紹介します。

早朝ランニングのメリット

早朝ランニングの利点は、朝から活動することで1日が気持ち良く過ごせます。

早朝ランニングを行う前に軽いストレッチを行い、体を十分に柔軟させ、朝の新鮮な空気を吸い込むと脳も活性化しますし、次第に心肺機能が上がり、脂肪燃焼することになります。

新陳代謝が良くなると自然とダイエット効果もあるため、毎日がイキイキと過ごせるようになりポジティブシンキングができるようになります。

水分補給をしっかり行うことで脱水症状をカバーすることになるため、水分は十分にとりましょう。また、無理せず自分のペースでランニングすることが大事です。

また早朝は季節によって夜明け前ですし、薄暗い状況の中ランニングするのは危険なため、交通事故に気をつけることは大事なポイントになります。

早朝ランニングのデメリット

やはり早朝ランニングの欠点としては、外が薄暗い中ランニングするのは危険な場合もあるため、しっかりと周辺の状況を確認しながら走ることは重要ですし、交通事故を引き起こすこともあるため、それはマイナスになるかもしれません。

また、早朝ランニング中に心肺機能が上がり、心筋梗塞で急に亡くなる方もいるため、水分補給を十分にするなどきちんと危険性も理解した上でランニングは行うべきです。

夏場は特に、早朝涼しい時間にランニングするのは脂肪燃焼や新陳代謝に効果的ですが、脱水症状になりかねませんし、休憩をとりながら無理せずランニングすることが大事です。

新鮮な空気を吸い、ダイエット効果もあるランニングですが、やはり危険性など理解しておきましょう。きちんと理解してトレーニングに励み、走る前にはストレッチをして体を柔軟にしておくことも重要なことです。

夜間ランニングのメリット

夜間ランニングの利点は1日のリセットができるので、ちょっと昼に食べ過ぎたな〜って時なども上手にコントロールすることができます。なのでストレス解消にもなり、ランニングすることで新陳代謝も上がり、代謝も良くなるのでダイエット効果もバッチリです。

夜間ランニングの利点は、帰宅後すぐシャワーを浴びることができますし、気持ち良いはずです。

また、トレーニングとして習慣になりますし、ストレッチをきちんと行い夜間は反射するようなランニング服を着て走ることが大事です。暗くて見えないと交通事故に遭遇することもあるため、反射が付いている服を着るのも効果的です。

心肺機能も上がるので、十分な休憩をとり水分補給して体を潤すことも大事なことです。この生活を1週間続けると体も慣れてくるので楽しくなります。

夜間ランニングのデメリット

夜間ランニングの欠点は、夜間は暗いので交通事故に遭遇する機会があるということは大きなマイナスポイントになります。よって、反射機能があるランニング服を着るなど何かしら対策が必要になります。

ランニングすることで心肺機能も高くなり、次第に代謝も改善されるので脂肪燃焼へと繋がります。今まで冷え性で悩んでいた方も良質な筋肉がつくので汗をかきやすくなるなど、体質が変化してくるのがわかります。

また、ランニングする前にはきちんとストレッチを行うなど、トレーニングする前にはこうした柔軟体操は必須です。急に走ることで体への負担も大きく、ケガの原因にもなります。空気を十分に吸い、水分補給をすることで安全な状態でランニングすることが重要です。

無理すると呼吸困難になったり、脱水症状になる可能性もあることから、きちんと理解して休憩取りながらランニングすべきでしょう。

まとめ

ランニングを行うことは、健康的ですしダイエット効果もあり良いことです。ストレス発散にもなり、早朝ランニングは特に朝の新鮮な空気を吸うことで脳の活性化にもなり、1日快適に過ごせるようになります。

また、トレーニングする前にはきちんとストレッチを行い、体を柔らかくすることが非常に大切です、体操、ストレッチ一つ怠るだけで怪我へのリスクが高まってしまいます。

続けているとトレーニングが日課になりますので自然と身についてきます。十分な休憩と水分補給もトレーニング中は必要になるため、無理せずランニングを続けることが重要なポイントです。

心肺機能も上がるため、急に立ち止まったりせずゆっくり歩いてスピードを落とすなど工夫をしてください。

夜間のランニングは車の通りも多いところは交通事故に遭遇することもあるかもしれませんし、反射機能がついたランニングウェアを着用することも重要です。

 - ライフスタイル