アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

もしかしたら病気かも!?若白髪が生える考えられる原因

      2016/12/15

わかしらが
若白髪が生えてきても、白髪を抜いたり髪の毛を染めてしまえばいい、と甘く考えることは危険です。なぜなら若白髪には病気の可能性があるからです。さらに、生活習慣の乱れを示している場合もあるため、若白髪を放置することは危険です。

健康な生活を送るために、若白髪が生えてくるメカニズムや原因について知りましょう。

なんで白髪が生えるの?

白髪は一般的に老化現象に伴って生えてくるものです。

白髪が生えるのは、髪の毛の色の基礎となるメラニン色素に関係があります。メラニン色素には黒色メラニンと黄色メラニンがあります。日本人の髪は黒色メラニンから構成されており、髪からメラニン色素がなくなると髪の毛が白髪になってしまいます。

実は、生まれたばかりの髪はすべて白色をしています。髪が成長していく過程でメラニン色素が混ぜられ、黒髪になっていくのです。

メラニン色素はメラノサイトという毛根の下にある細胞で作られます。メラニン色素をメラノサイトが生成するためにはチロシナーゼという酵素が必要になります。

年齢を重ねたり、病気を患ったりすると、このチロシナーゼの分泌量が減少してメラニン色素が作られなくなり、白髪が生えてしまうのです。

若白髪は遺伝が原因?病気が原因?

白髪は代表的な老化現象ですが、高齢になっていなくても白髪が生えてくる若白髪があります。

・遺伝
毛髪は遺伝の影響が強く表れる部位で、若白髪も例外ではありません。両親、あるいは片方の親が若白髪であると、子も若白髪になる可能性が高くなります。若白髪を生み出しやすい親の毛根部分のメラノサイトが持つ機能を、子が受け継いでしまうためです。

・甲状腺機能低下症
甲状腺機能低下症という甲状腺疾患になると、体全体の新陳代謝を促進させる甲状腺ホルモンが低下してしまうために白髪が生えてしまいます。甲状腺機能低下症になると、白髪以外にも髪が細く抜けやすくなり、声がかすれ、身体に寒さを感じるようになります。

・悪性貧血
悪性貧血はビタミンや葉酸不足により起きる病気で、白髪の他に下痢や腹痛、排尿障害などの症状が現れます。

・尋常性白斑
尋常性白斑という皮膚の一部分が白くなる病気になると白髪が生えてくるようになります。皮膚を白くする白斑が頭皮に広がってくると、その部分から白髪が生えてしまうのです。

・原田病
メラノサイトに免疫反応が起こることで発症する原田病も白髪の原因です。

原田病になると、視力の低下が見られ、体中のメラノサイトの能力が低下するために、頭髪だけではなくまつ毛や体毛などすべての毛が白色になってしまいます。

・ストレス
身体には問題がないのに若白髪になることもあります。健康な若者に白髪が生えてくる大きな原因がストレスです。

仕事や人間関係で強いストレスを受けると、血行が悪くなってしまいます。頭皮の血行が悪くなるとメラノサイトの働きが悪くなり、髪が白いままで生えてくる場合があるのです。

・ダイエット
無理なダイエットを行い、毛髪に必要な栄養が不足してしまうと、毛根やメラノサイトの働きに影響が出てきます。その結果、毛が細くなったり、白髪が生えてくるようになるのです。

若白髪が生えやすい人の特徴

若白髪には遺伝性が認めれるため、親や兄弟、近い親族に若白髪の人が存在する場合に生えやすくなっています。

また、若白髪は生活習慣が乱れていると、生えやすくなります。インスタント食品や外食が中心の食生活を送っていると、頭髪の生成に必要な栄養素が不足してしまいます。

頭髪も身体と同様に睡眠中に分泌される成長ホルモンの影響を受けて発育しています。ここで、睡眠時間が不規則な乱れた生活を送っていると、頭髪の健全な発育が阻害されて若白髪が生えやすくなってしまうのです。

若白髪は治せるの?

病気を理由とした若白髪については原因となる病気の治療を行えば、若白髪を治すことが出来ます。ストレスや生活習慣の乱れによる若白髪については、心身ともに健康的な生活を送るようにすれば、徐々に若白髪を減らせるようになります。

遺伝を理由にした若白髪については、メラノサイトの性質が原因であるため対応が困難です。しかし、生活習慣を改めて、頭髪の発育によい生活を送るようにすれば、若白髪が生えてくるのを遅らせたり、生えてくる量を減らせるようになる可能性があります。

若白髪改善に効く成分・食材

若白髪を改善するため最も大切なのは、頭髪の発育に必要な栄養素を送り届けることです。そのためには、健康的な食事が何よりも必要となります。

髪の毛はタンパク質から構成されているため、肉や魚、豆腐、納豆などの動物性と植物性のタンパク質をバランスよく摂取することが大切です。

メラノサイトの働きを良くするためにはミネラルが必要です。アーモンドやクルミ、ピスタチオなどの豆類に含まれる銅や、牡蠣に含まれる亜鉛は、メラニン色素細胞の機能を強化します。

ただし、銅や亜鉛の取り過ぎは身体に悪影響を与えるため、サプリメントを用いる際には注意が必要です。

まとめ

若白髪は毛根の下部にあるメラニン色素細胞の機能が低下することで生えてきます。

若白髪となる原因は、遺伝や病気、生活習慣の乱れです。不規則な生活を送り、食生活が乱れていると健康な人でも若白髪が生えてくるため、注意が必要です。

もし、若白髪が生えてきたら、病気の可能性を疑うとともに、豆類などを食べてミネラルを補給し、生活習慣を改善することが求められます。

 - 肌トラブル・皮膚の病気