アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

風邪で喉が痛いイガイガする!喉に良い食べ物・悪い食べ物

      2017/01/14

%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88%e3%80%80%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4
喉がイガイガしたり、乾燥したりで、痛みを感じる季節になりました。喉が痛ければ病院に行って薬をもらうことをおすすめしますが、できるなら日々の食事でも喉をいたわって早く治したいですよね。

ここでは喉の痛みにいいとされる食べ物と、逆に喉に悪いとされる食べ物を紹介していきます。

喉の痛みに効く成分ってなに?

喉の痛みには、アレルギーによる喉の痛みと炎症による喉の痛みの二種類があります。

・アレルギーによる喉の痛み
アレルギーによる喉の痛みには、ジフェンヒドラミン塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩が効果的です。喉のイガイガする痛み、咳に対応する成分となっています。どちらも、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンの働きを抑えます。

ジフェンヒドラミン塩酸塩は、内服薬では風邪や鼻炎の緩和、外用薬ではかゆみ止めに含まれる成分です。眠気が現れることから、近年では睡眠改善薬にも利用されるようになりました。

クロルフェニラミンマレイン酸塩は、内服薬では風邪・鼻炎・咳・痰などの症状改善、外用薬ではトローチや点眼薬に用いられる成分です。自律神経に作用することから、乗り物酔いを防ぐ薬にも含まれています。

・炎症によるのどの痛み
炎症による喉の痛みには、イブプロフェン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸、リゾチーム塩酸塩が効果的です。

イブプロフェンは解熱鎮痛成分として、喉の炎症と痛みに効果が期待できます。

トラネキサム酸は、口内炎の薬としても、長年にわたって使われてきました。喉の腫れや痛みの原因となるプラスミンの働きを防ぐ成分です。

グリチルリチン酸は生薬などにも含まれており、炎症を抑えるだけでなく免疫を調整する作用などもあります。

リゾチーム塩酸塩は、腫れを和らげたり組織を修復する作用がある消炎酵素薬です。子どもに処方されるシロップにも使用されています。

アズレンスルホン酸ナトリウムはアズレン系うがい薬に含まれる成分です。喉の痛みや腫れを抑える作用があり、風邪に有効的とされています。アズレン系のうがい薬は青っぽい色が多いことが特徴です。

市販の薬で対処する場合、薬剤師が常駐する薬局での購入が安心でしょう。

喉の痛みを悪化させる成分

喉の痛みを悪化させてしまう成分は色々ありますがここでは3つ紹介します。

・カプサイシン
カプサイシンは辛味の成分で、喉の粘膜を傷つけてしまうため喉が痛い時に摂取すると痛みがひどくなります。

植物ではトウガラシに含まれ、温湿布や薬用クリーム、入浴剤に配合されていることもあります。体は温まりますが、喉の痛みには良くありません。

・タール
タールというタバコに含まれる成分も喉を刺激して痛みを悪化させます。タバコを吸っていなくても、吸っている人の煙によって喉を刺激されることがありますので注意が必要です。

・ポピドンヨード
ポピドンヨードはヨード系うがい薬に含まれる成分で殺菌作用が強いものです。喉が痛くない時に風邪などを予防する場合には効果的となる成分です。

しかし、喉が痛くなってから使用すると痛みを悪化させる原因になることがわかっています。ヨード系のうがい薬は黒っぽい色が特徴です。

喉の痛みに効く食べ物・飲み物5選

・はちみつ
はちみつには殺菌作用がありますので、喉を酷使した時や風邪による喉の痛みに適しています。

プレーンのヨーグルトにはちみつを混ぜて食べることも効果的です。ヨーグルトは喉の痛みを緩和するのではなく免疫力を高める働きがあります。体が弱っているときに、はちみつと合わせることで相乗効果が見込めます。

・果実入りゼリー
喉の炎症による痛みに効果があるとされます。炎症は発熱を伴うことが多く、ゼリーのような喉ごしの良い炎症を冷やす食べ物がおすすめです。

果物に含まれるビタミンは風邪に良いとされますので、ゼリーをアイスにしても効果は期待できます。ただし、胃腸の調子を崩している場合は冷たいものは控えた方が良いでしょう。

・大根
大根にはビタミンCが多く含まれ喉の粘膜を強くする効果があると言われています。効果を高めるためには煮たりせずに摂取することがポイントです。大根おろしにすると喉が痛い時には食べにくいので、はちみつ大根をおすすめします。

はちみつに角切りした大根をつけておくと、はちみつが大根の水分によってシロップ状になります。このシロップをスプーンにすくって舐めたり、お湯に混ぜて飲むと効果的です。

・のど飴
唾液は喉の粘膜を潤すため、のど飴も効果的とされます。咳がひどい場合はハーブが入っていないのど飴の方が良いです。ハーブは体に良いとされますが、息を吸うとハーブが刺激になり咳が増えることがあります。

・生姜
生姜にも殺菌作用があり症状の緩和につながります。生姜湯として飲むと体も温まって効果的です。

粉末状で販売されているものはお湯に溶かすだけで飲めますので体調が良くない時は買い置きすることができて便利です。生姜湯にはちみつを溶かして飲む方法もおすすめです。生姜湯はとろみがあるため喉の通りも良いです。

喉の痛みを悪化させる食べ物・飲み物5選

・チョコレート
本来は苦いチョコレートを砂糖によって甘く加工しているため喉を強く刺激します。チョコレートに含まれる油分も喉の粘膜に影響を与えます。ココアであれば喉の粘膜を守るため摂取しても大丈夫です。

・ナッツ類
ナッツ類はよく噛んでも喉を刺激し、喉の痛みを悪化させてしまいます。特に薄い皮がついている場合は咳こむ原因となるため控えた方が良いです。クッキーも同様で喉が痛い時は控えることをおすすめします。

・コーヒー
適量であれば問題はありません。

コーヒーに含まれるカフェインは喉の痛みを和らげると言われますが、熱いコーヒーを多く飲んだ場合喉が乾燥しやすくなり、悪化の原因となります。砂糖を控えてはちみつを混ぜるなどの工夫が必要です。

・アルコール
アルコールを摂取すると体内の水分が不足し、喉が渇くため良くないとされます。また、栄養の吸収が妨げられるため体内に必要な栄養素が減ります。

免疫力が低下する原因にもなり、体が弱っている時は控えた方が良いでしょう。

・刺激物
極度に辛いもの、酸っぱいものは避けた方が無難です。個人差はありますが、梅干しやキムチなどは控えた方が良いと言われます。喉のいたみが改善するまでは控えるようにしましょう。

まとめ

喉の痛みが起こる原因は様々ですが、自身で改善できるケースであれば適切に対処することが大切です。アレルギーによるもの、風邪、乾燥などによるものは対処法があります。

喉に痛みが生じた場合は食事に気をつけ、うがいを心がけるなどの方法があります。うがい薬にも種類がありますので正しい使い方がポイントとなります。

マスクの使用も有効的です。

喉の痛みが改善しないようであれば、内科、耳鼻咽喉科、口腔外科での受診をおすすめします。受診科の特定が難しい場合は病院の総合案内を訪れることでアドバイスを受けることができます。

 - インフルエンザ・風邪・熱