アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

花粉症の症状っていったいどんなもの?

      2017/02/08

【372】花粉症の症状っていったいどんなもの?

花粉症での鼻の症状について

花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎といって、一度発症すると自然治癒する可能性が低いのが特徴です。

鼻の中に侵入した花粉に対して、異物と判断し無害化しようと防御することで、鼻の粘膜にある抗体がアレルゲンと結びつき抗原抗体反応を起こして鼻の粘膜を刺激し、くしゃみ・鼻みず水・鼻づまりといった症状を引き起こします。

●鼻づまりの特徴
鼻の粘膜が腫れて、空気の通り道が狭くなると鼻づまりになってしまいます。

鼻づまりになると、鼻で呼吸をすることが難しくなり口呼吸が習慣化となります。口で呼吸すると、喉の渇きや乾燥からくる喉のかゆみといった症状に悩まされます。

そうなると、睡眠時に喉のかゆみや、くしゃみのせいで、眠れなくなり睡眠不足による体のだるさや、精神的ストレスでイライラしがちになります。

また、鼻呼吸が出来なくなると匂いに鈍感になり、食事をしても味が分かりにくくなります。

●くしゃみの特徴
くしゃみが一日に何度も出て、くしゃみをする度に鼻の中がムズムズします。

立て続けに十回近くも、くしゃみが出る場合があります。

●鼻みずの特徴
知覚神経が刺激されて、分泌膜に伝わることで鼻みずが出ます。

風邪のときのように粘り気はなく透明でサラサラした鼻みずが出て、何度も鼻をかむことで、鼻の頭が赤くなってしまうでしょう。

花粉症での目の症状について

花粉症になると、鼻や喉だけでなく目のかゆみや充血、涙などの症状にも悩まされます。これは、花粉を取り除こうとする免疫反応が原因で起こる症状です。

●目のかゆみ
一度目を擦り出すと、ずっと擦り続けてしまったり、強く目を擦ってしまいます。目を強く擦ることで、まぶたなど薄い皮膚を傷つけてしまいます。

目のかゆみは、花粉が目に付着することが大きな原因です。花粉が目に入らないように専用のゴーグルをかけたり、目の洗浄をするように心掛けましょう。

また、外から帰ってきたら玄関に入る前に衣服に着いた花粉をはらってから家の中に入ると良いでしょう。

●充血
花粉が目に入ることで起こるアレルギー反応の一つとして、目の知覚神経が刺激されて目に強いかゆみや、血管を拡張させて充血の症状が現れます。

また、目のかゆみに耐えられずに、強く目を擦り過ぎることで結膜が充血してしまいます。辛いときは、冷たいタオルを目に当てると、症状を緩和させることができます。

●涙が出る
花粉を洗い流そうとするために、目のかゆみとセットで涙が出てきます。

●その他の症状
上記症状の他にも人によっては、目が腫れぼったくなる、目に異物感を感じる、目ヤニが出るなどの症状も引き起こす場合があります。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, 花粉症