アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

ループス腎炎(慢性糸球体腎炎)で気をつけるべき生活環境とは?

      2017/01/27

ループス腎炎(慢性糸球体腎炎)で気をつけるべき生活環境とは?

ループス腎炎の概要

ループス腎炎(慢性糸球体腎炎)は、SLE(全身性エリテマトーデス)の発症が原因となる腎臓の病気です。

SLEとは、膠原病の一種です。

膠原病とは関節や皮膚、内臓や血管など全身に炎症がおこる病気の総称です。

炎症のために、湿疹や痛み発熱などをともないます。

女性に多い病気です。

膠原病には、ベーチェット病、全身性強皮症、悪性関節リウマチ、シェーグレン症候群といった種類があります。

その中でSLEは全身に炎症が起きる病気で、ループス腎炎はその炎症のひとつです。

症状は微熱や倦怠感といったものから、血尿、神経障害、けいれん等と様々です。

性別年齢も様々ですが、特に20歳代の女性に多くみられるのが特徴です。

SLEをはじめとした膠原病は、現在その原因が解明されていません。

ただし仮説として、複数の遺伝的な因子と環境的な因子が複雑に関係しあっていると考えられています。

そしてループス腎炎もまた、はっきりとした原因が解明されていませんが、どちらも環境的な因子として紫外線、温度変化、食品、化粧品、化学物質、金属等があるので、生活の中においての注意が必要です。

治療法として、副腎皮質ステロイド薬である「プレドニン」や、免疫抑制剤である「シクロホスファミド」が有効です。

症状によっては、パルス療法や人工透析が必要な場合もあります。

ループス腎炎は、SLE患者の約9割以上が発症するといわれています。

ループス腎炎の症状

症状は人によって様々ですが、ディスコイド疹、光線過敏症、口腔内潰瘍、非びらん性関節炎、 漿膜炎、胸膜炎、心膜炎、腎障害、細胞性円柱、神経障害、けいれん、精神障害、血液学的異常(溶血性貧血、白血球減少症、リンパ球減少症、血小板減少症、免疫学的異常等のうち、いずれかがみられます。

主な具体症状は、微熱や倦怠感、頬部紅斑(境界線のくっきりした頬の赤み)、息苦しさ、吐き気、嘔吐、高血圧、むくみ、蛋白尿、血尿尿、沈渣異常といったものです。

微熱や倦怠感等は炎症によるもので、蛋白尿や血尿は腎臓にダメージが加わるからです。

そしてむくみは蛋白尿によってたんぱく質が体外に排出されてしまうことによる、たんぱく質不足が原因です。

むくみにより、ネフローゼ症候群を発症する場合もあります。

ネフローゼ症候群の主な症状はむくみですが、症状がすすむと肺、腹部、心臓、陰嚢に水がたまったり(水腫)、さらに重症化すると血栓症、感染症などを合併する危険性もあります。

また、急激な腎機能の低下により急性腎不全を引き起こす場合もあります。

いずれも比較的自覚しやすい症状なので、SLEを発症していてなんらかの症状が気になる場合は、医師の診察を受ける事が大事です。

ループス腎炎の原因

ループス腎炎、そしてその原因となるSLEをはじめとした膠原病は、残念ながら現在原因が解明されていません。

現在わかっているのは、人間の細胞の核中にあるDNAそのものが抗原となり、さらにその抗原に対して抗体ができる「抗DNA抗体」や、免疫複合体(抗原と抗体が結合したもの)が血中に異常増殖し、腎臓の糸球体に沈着する事が原因のひとつという事です。

ただし仮説として、複数の遺伝的な因子と環境的な因子が複雑に関係しあっているとも考えられています。

ループス腎炎の遺伝子的な因子としては、アポトーシス(細胞死)の異常、T細胞受容体(リンパ球の一種。抗原受容体分子)、制御性T細胞(T細胞の一種で免疫の抑制制御細胞)の異常による自己抗体による炎症反応、つまり自己免疫疾患があります。

なお、一卵性双生児(双方)の発症は約3割ですが、二卵性双生児では約0.5~10%であることから、遺伝的な因子の関与は大きいと考えられています。

環境的な因子としては、紫外線、温度変化、食品、化粧品、化学物質、金属等ですが、薬剤が原因による場合もありますし、性ホルモン異常、ウイルス感染による補体欠損といったものもあります。

また20代の若年女性や黒人種によくみられるといったデータもあります。

ループス腎炎の診断

ループス腎炎は、血液検査、尿検査、生化学検査、免疫血清学検査、凝固検査の結果によて診断されます。

血液検査により、赤血球沈降速度の亢進、正球性正色素性貧血、自己免疫性溶血性貧血、白血球減少、リンパ球減少血小板減少がみられるとループス腎炎である可能性が高まります。

ちなみに白血球数2000~4000/μl、リンパ球数1500/μl以下、血小板数5~10万/μlが主な目安となります。

尿検査での赤血球、白血球、顆粒円柱、白血球円柱等の細胞成分や、蛋白尿または血尿の有無も目安となります。

そして血液中に含まれる成分を分析し調べる生化学検査において、免疫グロブリン(IgG、IgA、IgM)の増加が、特にIgGの増加が顕著な場合、免疫血清学的検査において、血清補体価(C3、C4、CH50)の低下がみられる場合もまた大きな目安となります。

臨床検査により、ループス腎炎はさらに、微小メサンギウムループス腎炎、メサンギウム増殖性ループス腎炎、巣状ループス腎炎、びまん性ループス腎炎、膜性ループス腎炎、進行性硬化性ループス腎炎等に分けられます。

臨床検査と併せ、主症状(微熱や倦怠感、頬部紅斑(境界線のくっきりした頬の赤み)、息苦しさ、吐き気、嘔吐、高血圧、むくみ等)そしてSLEを発症しながら、ディスコイド疹、光線過敏症、口腔内潰瘍、非びらん性関節炎等を併発していないかを合わせて診断します。

ループス腎炎の治療方法

もっとも有効なのは、副腎皮質ステロイド薬である「プレドニン」です。

免疫抑制剤である「シクロホスファミド」も有効とされています。

ステロイド薬は自己免疫反応と炎症反応に対して即効性があります。

抗炎症作用、免疫抑制作用、抗アレルギー作用があり、量が多い程効果を発揮します。

炎症や免疫の異常により引き起こされる疾患に処方される薬として有名で、具体的には腎臓病、膠原病、アレルギー疾患等に対して処方されます。

ループス腎炎はSLEの発症が原因であり、SLEは膠原病の一種なので、ステロイド薬が適用されるという訳です。

しかし、ステロイド薬には副作用がある場合もあります。

ステロイド剤の副作用には、健康や日常生活に関わる重いものと、比較的軽いものがありますが、ステロイドの量、または使用期間によって左右されることがほとんどです。

量が多い、または使用が長期に渡る場合は患者も医師も注意が必要です。

自己判断で増減したり中断するのは危険なので必ず医師に相談の上、用法用量を守り使用することが大事です。

ステロイドや免疫抑制剤で効果が芳しくない場合、また重症化がすすむ場合には、3日間連続でステロイドを点滴し、その後はステロイドの内服を続けるパルス療法という治療があります。

また、腎炎による急激な腎機能の低下で急性腎不全を引き起こすといった場合には、腎臓の機能を人工的に代替する人工透析治療(血液浄化)を受けます。

ループス腎炎の対応策

ループス腎炎とSLEは症状も、治療法も日常の中で気をつける点もほぼ同じです。

まず、環境的な因子である、紫外線、温度変化、食品、化粧品、化学物質、金属等に対して気を配ることを心がけます。

極端な冷えや暑さといった温度変化は避けます。

SLEの症状のひとつに、極端に温度が低い場所にいたり、緊張を感じる際に、手足の指の皮膚の色が蒼白、青~紫色になり、しびれや痛みを伴うレイノー現象があります。

レイノー現象を防ぐためにも、冷所での作業等は特に避けます。

多少の運動はよい効果をもたらしますが、極端に激しい運動は、腎機能に負担になる場合があります。

運動は医師に相談のうえ行いましょう。

ストレスや緊張によって悪化しやすい病気でもあるので、無理をせずストレスをためず、休息睡眠をしっかりとることも大事です。

また女性の場合は妊娠出産を、医師に相談しながら体調をみながら計画的にすすめることが推奨されています。

ループス腎炎は、以前は悪化することが多く不治の病といわれていましたが、現在は重症化することも稀で、症状をコントロールしながら問題なく日常生活が送れることがほとんどなので過度に心配したり恐れる必要はありません。

その背景には、ステロイド剤や免疫抑制薬の進歩とその積極的な導入、また医療の格段な進歩があります。

 - Ⅲ型, アレルギーの種類