アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

乳児もアトピー性皮膚炎になるの?

      2017/01/20

乳児もアトピー性皮膚炎になるの?

アトピー性皮膚炎はよく聞く言葉ですが、子どもや大人がかかる病気というイメージがある人は多いのではないでしょうか。

しかし、乳児がアトピー性皮膚炎になることもあり、なかには生後すぐ湿疹があらわれる事もあります。

また、皮膚がカサカサしてきたからといって、必ずしもアトピー性皮膚炎だとは判断はできないので、必ず病院へ行って医師に診断してもらい対処することが大切です。

アトピー性皮膚炎になりやすい年齢ってあるの?

アトピー性皮膚炎になりやすい年齢が特にあるわけではありません。
アトピー性皮膚炎はいろいろな年代で発症します。

1歳未満でアトピー性皮膚炎を発症した場合、はじめは顔や頭に、その後、全身に腫れやぶつぶつがあらわれていきます。

しかし、乳児ですとアトピー性皮膚炎でない乳児にもこれらの症状が見られる場合があり、自然と治ってしまう場合もあるのですぐにアトピー性皮膚炎だと判断するのは難しいです。

しかし、1歳~15歳になるとアトピー性皮膚炎かどうかがはっきりと分かってきます。
この時期には皮膚が全体にカサカサしていき、ひじやひざの裏側にはあせものような発疹があらわれ、なかには首にも症状が出てきます。

乳児のときは判断が難しいのですが、小児科でもっとも多いのは生まれて1~3ヶ月より症状の出現するタイプです。

乳児でアトピー性皮膚炎の症状が出やすい部位は?

乳児のときにアトピー性皮膚炎の症状が出やすい場所は顔面や頭部、耳です。

顔に赤い湿疹がみられ頬や耳がジクジクすることもあります。

また、このような症状がなかったとしても顔がカサカサしている場合が多いです。
他にも頭部には黄色いカサブタが見られるのが特徴ですが、おなかや背中は症状が出ていない事が多いです。

身体に症状が見られるようになるのはもう少し月齢が進んでからになります。

アトピー性皮膚炎の検査について

アトピーの性皮膚炎を調べる検査というものはないのですが、「アトピー性皮膚炎に合併するアレルギー疾患」を調べるという事なら出来ます。

そのため、アトピー性皮膚炎を検査するというよりは、何らかのアレルギーを持っていないかを検査する事になります。

これは血液検査で調べる事が出来るでの簡単に調べる事ができます。

アトピー性皮膚炎になったらアレルギー検査をすることで、アレルギーの原因になるアレルゲンを知り、排除する事ができます。
原因因子を排除することで、アトピー性皮膚炎が良くなる場合もあります。

また、アレルギー性皮膚炎の重症度はTARCという検査で調べる事ができるので一度調べてみる事をオススメします。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の見分け方は?

乳児の湿疹が、必ずしもアトピー性皮膚炎だとは限りません。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いを紹介します。

まず、乳児湿疹は乳児期に起こる湿疹の総称なので肌が赤くなる、小さい水ぶくれができる、ウロコ状のかさぶたができるなど様々な症状があり、これらすべてを乳児湿疹と呼びます。

頬やおでこにあらわれやすく、おなかや背中に広がることもあります。
乳児湿疹の場合は、生後2週間を過ぎた頃からあらわれはじめ、1歳を迎える頃にはおさまるのが特徴です。

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応による炎症が皮膚にあらわれるもので、特定のアレルゲンに対して反応して起こります。

主な症状は、頭部や顔、耳やひじ、ひざの裏などの関節に強いかゆみがあらわれます。

これは慢性的な湿疹なので良くなったり悪くなったり、時期によって繰り返すのが特徴です。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎を見分けるのは素人では難しく、医師でも判断しづらいのが現状です。
起こる原因は違うのですが、症状の出方は似ているので判断がつきにくいのです。

しかし、アトピー性皮膚炎と乳児湿疹との大きな違いはアトピー性皮膚炎は慢性的な湿疹なので良くなったり悪くなったりを繰り返す点です。

 - Ⅰ型, アトピー性皮膚炎, アレルギーの種類