アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

アトピー性皮膚炎に効果がある食べ物、飲み物について知りたい!

      2017/01/20

アトピー性皮膚炎に効果がある食べ物、飲み物
アトピー性皮膚炎になってしまうと、普段の生活にも色々な苦労があります。

思春期にアトピー性皮膚炎の症状が出てしまうと、見た目を気にすることも多くなりストレスが溜まってしまう傾向にあります。

アトピー性皮膚炎を少しでも改善するためには、薬の使用が非常に重要です。

それ以外にも、普段の食生活に気をつけることで、アトピー性皮膚炎の症状が良くなることがあります。

アトピー性皮膚炎に効果がある食べ物、飲み物って?

アトピー性皮膚炎に効果がある食べ物や飲み物は、アトピー性皮膚炎の特徴を踏まえて選ぶことが重要になります。

アトピー性皮膚炎の方は、基本的には血圧が低くなってしまったり、消化する能力が低かったり、免疫力が低くなっています。

さらには代謝する能力も低いので、新しいお肌を生成する力が弱く、お肌の状態が悪くなってしまいます。

アトピー性皮膚炎に効く食べ物は、これらの症状を良くしてくれるものです。

味噌汁は、昔から日本にある食べ物ですが、腸内のバランスを良くしてくれますので、アトピー性皮膚炎には効果があります。

インスタントではあまり効果がありませんので、食材を選び、昆布や鰹節から出汁を取ったりとこだわることが大切です。

ごまもアトピー性皮膚炎に効果があります。

ごまは非常に栄養素が豊富な食材で、カルシウム、セサミン、セレンなどが含まれています。
これらはアトピー性皮膚炎の症状を軽くしてくれる効果があります。

アトピー性皮膚炎になると皮膚表面で菌が繁殖してしまうリスクも高まるのですが、殺菌作用のあるアロエもアトピー性皮膚炎に効く食べ物の一つです。

アロエは通常では中々食べにくい食材ですので、アロエが配合されているヨーグルトなどが良いでしょう。

そして基本的なことですが、主食はお米にすることが大切です。
お米にはお肌の負担になってしまう油などの添加物が少ないので、非常にお肌に優しい主食です。

主食は毎日食べるものですので、主食お米にすることはとても有効なことです。

アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう食べ物・飲み物について

アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう食べ物は、端的に言いますと脂質や油分が多い食べ物です。

肉類は、脂質が多いのでアトピー性皮膚炎にはあまり良くない食べ物です。

脂質が少ないささ身などは比較的大丈夫な食材です。

油分が多い食べ物は多く、コンビニで手軽に購入することができるお弁当やパン類には、非常に多くの油分が含まれています。

スナック類などのお菓子にも多いので、できるだけ避けるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の天敵はリノール酸ですので、リノール酸が多く含まれている食品も避けるようにしましょう。

調理に使う油をリノール酸含有率の低いものに変えることからはじめてみてはいかがでしょうか。

砂糖もアトピーの原因になることがありますので、過剰に摂取しないように気をつけましょう。

 - Ⅰ型, アトピー性皮膚炎, アレルギーの種類