アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

接触皮膚炎は原因の特定と回避によって症状を防ぐことができます

      2017/01/27

接触皮膚炎は原因の特定と回避によって症状を防ぐことができます

接触皮膚炎の概要

身体にできるぶつぶつ状のできものが気になるようであれば、接触皮膚炎を疑ってみる必要があります。

湿疹の一つの症状としてあらわれる「接触皮膚炎」は、何らかの外的刺激が肌に接触することで、接触した部分の皮膚に赤いぶつぶつや紅斑が出来たり、皮膚が盛り上がる症状があらわれたり、または、水疱(すいほう)とよばれる中に水をもった湿疹ができたりといった症状を伴う病気をいいます。

「かぶれ」とも呼ばれることがあって、接触した部分とそうでない部分ではっきりと症状が出る場所に境界が見えるのが特徴といえます。

接触皮膚炎の特徴としては、かゆみなどが発生する場合があるということです。

接触皮膚炎は、「刺激性皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」という2つに区分されます。

「刺激性接触皮膚炎」は、湿疹を発現させる何らかの原因物質に触れることで湿疹を起こします。

この症状は、湿疹を起こす原因となるものがもつ、毒性などによってかぶれといった症状が起こるので、アレルギーに関係なく誰にでも起こりえます。

「アレルギー性皮膚炎」は、湿疹を引き起こす原因となる物質に繰り返し触れることで湿疹があらわれます。

原因となる物質に触れなければ湿疹が起こらないので原因となる物質を見つけることがかぎとなります。

接触皮膚炎の症状

接触皮膚炎の症状としては、刺激性皮膚炎で刺激が少ない場合には、原因となる物質に接触した皮膚表面の角質がはがれ落ちたり、強い刺激が加わった場合には、かゆみや痛みをともなう皮膚の赤いぶつぶつや、小さな水疱(すいほう)などがあらわれたりします。

また、時にはに大きな水疱になって、激しい痛みを伴う場合もあります。

アレルギー性接触皮膚炎は、原因となる物質に触れて12時間後頃から、原因となる物質に触れたところがかゆみを生じ、赤いぶつぶつなどがあらわれます。

そして、24~48時間後には、接触した箇所にはれや、時には水疱などがあらわれるようになりますが、その後は時間の経過とともに次第に症状が軽くなっていきます。

注意したいのは、慢性的に接触皮膚炎を繰り返さないことです。

繰り返していると、次第に皮膚に厚い赤い湿疹がたくさんできるようになり、かゆみを伴うために患部を引っかいてしまい、かき傷やかさぶたもみられるようになります。

また、光アレルギー性皮膚炎は、アレルギーを起こす原因物質が皮膚に触れるという要素と、触れてしかも光が当たったところだけに紅斑とはれがみられるという特徴があります。

接触皮膚炎の原因

接触皮膚炎の原因に関しては、さまざまな原因があるので簡単に特定することはできません。

例を挙げると、刺激性接触皮膚炎の原因になる物質としては、刺激物や毒性のある物質や生物が挙げられます。

たとえば、毒性のある植物や虫の毒、強力なせっけんや洗剤などが挙げられます。

よく、家庭菜園などをしていてトマトなどの葉っぱに触るだけで、赤い湿疹がたくさん身体に出来る人がいますが、まさにこの症例に当てはまるといえます。

また、アレルギー性皮膚炎の原因も人それぞれで、さまざまな物質が原因物質となります。

アレルギー性皮膚炎の原因物質としては、うるしやアロエなどの植物や銀、銅などの金属物質があげられます。

最近よく耳にするのがネックレスなどを首にかけていて、体中に発疹が出てしまったという事例です。

このような症状を発症する人はアレルギー性皮膚炎を疑ってみる必要があるといえます。

また、ゴム製品や、治療のために貼り付けた湿布薬などの薬品などでもアレルギーを発症する人がおり注意が必要です。

現代社会にはさまざまなアレルギーの原因になる物質が存在するため、日常生活でも注意が必要です。

接触皮膚炎の診断

接触皮膚炎の診断・検査をする場合は、アレルギー反応をおこした原因と推測される物質を塗った絆創膏を背中に貼付して反応をみるパッチテストが有効とされています。

パッチテストとは、かぶれの原因物質を調べる方法のひとつで、パッチテスト専用のシールにかぶれの原因になる可能性がある物質を染み込ませ、2日間ほど皮膚に貼り付けておく方法です。

シールを貼り付けておくことにより、皮膚に赤い湿疹や小水疱がおこるかどうか、アレルギーが有るかどうかを検査することができるのです。

また、パッチテストとともに、血液検査も有効といえます。

血液検査では、自身の体がどういった物質にアレルギーを持っているのかが詳細に判明するので、接触皮膚炎以外にもアレルギーに関する情報も知ることができるのでおすすめの検査です。

また、血液検査や、パッチテスト以外にも皮膚の湿疹の状態や、当日の行動などを問診することによっても、どのような原因物質によって症状が引き起こされたのかを特定することは可能です。

接触皮膚炎の検査や診断に関しては、専門的知識を有する皮膚科の先生に診てもらうのが一番です。

また、医師の診察を受ける際には、当日の自身の行動を整理しておくと医師の診察の際にスムーズに診察を受けることができます。

接触皮膚炎の治療方法

接触皮膚炎の治療の原則としては、原因物質を特定して接触を避けるということに尽きます。

原因物質が判明してしまえば、その物質と接触しなければ発疹などの症状がおこることはないのですから、簡単かつ明瞭な治療方法ともいえます。

症状が重い場合には、ステロイド外用剤を湿疹の部分に塗布する場合もあります。

ステロイド系の治療薬は、薬の成分がきついので可能であれば使用しないに越したことはありません。

強いステロイド軟膏を顔に使用することは避けらる傾向にあり、使用する際には医師としっかりと相談することが重要といえます。

また、強いかゆみに対しては、内服薬の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が使用されます。

そして、発疹の症状が強い場合には、ステロイド内服等の全身投与が必要になることがあります。

薬の投与は治療に効果的ですが、根本的な治療にはやはり、原因物質を特定してその原因物質との接触を絶つというのが最も安全で最も効果的な治療法といえます。

しっかりと原因物質を特定してくれる医療機関を受診するということが重要です。

接触皮膚炎の対応策

接触皮膚炎の対応策としては、とにかく原因物質が何なのかということを知ることです。

特に、アレルギー性の皮膚炎であれば、その物質との接触をしなければ発疹がおこらないのですから、原因物質をいかに特定するかが重要です。

アレルギー系の診察に特化した病院で診察を受けるのが最も安心です。

各種の検査をしっかりとしてくれる病院で診察を受けることが自身で出来る対応策のひとつです。

また、普段の生活では肌の露出を極力しないことでアレルギー性の皮膚炎の場合は、症状の発症を抑えることができます。

手袋をして家庭菜園をしたり、長袖を着て植物を触るというような対策を取るだけでも効果があります。

光が原因の場合も肌の露出をしないように心がけると効果が有あります。

そして、少しぐらい大丈夫だと思わずに、慎重に慎重をきしてアレルギー反応を起こさないように生活することです。

これくらいは大丈夫だろうと油断しない強い心も必要です。

 - Ⅳ型, アレルギーの種類