アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

しっかり知って対策を! アレルギー性結膜炎のQ&A

      2017/01/20

しっかり知って対策を! アレルギー性結膜炎のQ&A

アレルギー性結膜炎は、アレルゲンや抗原が原因による結膜炎です。

細菌が原因ではありませんので、治療するためにはアレルゲンや抗原の原因を断つ必要があります。

アレルゲンの原因になってしまうものは、花粉やハウスダストなど色々な原因が考えられます。

花粉症の方に多い症状ですので、花粉が飛散する季節になると注意しなければなりません。

コンタクトレンズは使っても平気?

コンタクトレンズをつけると、どうしても汚れがレンズについてしまいます。

アレルギー性結膜炎になってしまうと、普段よりも分泌される涙が多くなってしまうのでコンタクトレンズが汚れやすい状態になります。

コンタクトレンズは汚れにくいものを使用するようにしましょう。
使い捨てコンタクトを使用することも効果的です。

継続して使用するコンタクトレンズの場合は、毎日の洗浄を欠かさないようにして、汚れが十分に落ちるようにする必要があります。

もちろん、コンタクトレンズをやめてメガネにするのも選択肢のひとつです。

目薬は市販薬でも大丈夫? 病院の目薬とは何が違うの?

アレルギー性結膜炎に効果のある目薬も市販されています。

それはクロモグリク酸ナトリウムが含まれている目薬です。
市販の目薬を購入するときには、この成分が入っているかどうかを確認しましょう。

病院では、アレルギー性結膜炎に適切な目薬を処方してくれます。

自己判断せず、アレルギー性結膜炎になったときは眼科の診断を受けるようにすることが重要です。

アレルギー性結膜炎は人にうつる? うつるならどういうとき?

アレルギー性結膜炎だと確定しているときは、人にうつってしまうことはありません。なぜなら、アレルゲンが原因で細菌が原因ではないからです。

アレルギー性結膜炎の方で、うつってしまったと思われるときは細菌性結膜炎になったときです。

アレルギー性結膜炎は、目の状態も悪くなりアレルギー性から細菌性に変わっていることがあります。

そのことに気づかずに、人と接する機会が多いと結膜炎がうつってしまうことがあります。

そのときは、細菌性結膜炎の症状が出ているということですので、病院に行くようにしましょう。

白目がゼリー状になっているけどどうして? 原因は何? 放っておいて大丈夫?

アレルギー性結膜炎になると、目がかゆくなってしまうので指でかいてしまいます。

そうすると、白目の部分がゼリー状になってしまい、恐ろしい見た目になってしまいます。

この状態は結膜浮腫と呼ばれている症状で、程度は様々ですが見た目に驚かれる方が多い症状です。

これは、白目の部分にある膜の下に水が溜まっている状態で、それがゼリー状に見えるのです。

原因は、指でこするなど外からの影響が大半です。
見た目は酷い症状ですが、それほど危機的な状態ではなく放置すると自然と治ってしまうことが大半です。

しかし、眼科に行って診察してもらうことに越したことはないので、眼科に行きましょう。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, アレルギー性結膜炎