アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

そもそもアレルギーとは何なのか何故アレルギー反応を示すのか?

      2017/01/27

そもそもアレルギーとは何なのか何故アレルギー反応を示すのか?

「免疫」という言葉。

みなさんも一度は耳にされたことのあるのではないでしょうか。

免疫とは、私たちの身体にもともと備わっている機能で、外部から体内に侵入してくる細菌やウイルスなどの異物(抗原)を撃退するしくみのことです。

抗原が体内に入ると、身体はそれに対抗する物質(抗体)をつくって抗原を排除しようとします。

例えば、はしかなどは1度かかると2度目以降は症状がでません。

ところが、私たちの身体に無害であるはずの抗原(食物や花粉など)の2度目以降の侵入に対しても免疫機能が過剰に働いてしまい、身体にとって都合の悪い結果を引き起こしてしまうことをアレルギー反応と言います。

抗原のなかでもとくにアレルギーを引き起こしやすい物質のことをアレルゲンと呼んでいます。

ひと口にアレルギーといってもその種類・症状は様々です。抗原、つまりアレルゲンの種類によって、引き起こされるアレルギー症状も違ってくるからです。

アレルゲンの種類は実に様々で食物・薬物・室内のゴミやホコリ(ハウスダスト=ペット類の毛やダニなど)・花粉などがあり、アレルゲンによって誘発され、じんましん・皮膚炎・ぜん息・発熱などを発症するのがアレルギー疾患です。

また、アレルギーの種類はIgE抗体によって起こるⅠ型から、Ⅳ型までの4種類に分けられ、それぞれ免疫機構や抗体の種類などの違いによって発症する病気も違ってきます。

また、アレルギー疾患の発症には遺伝的な体質も関わっているといわれます。アレルギー体質・アトピー素因とよばれるもので、こういった人たちはIgE抗体が作られやすい体質です。

 - アレルギーとは?アレルギーって何?