アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

アレルギー疾患増加の理由は戦後の生活環境の変化が原因

      2017/01/27

アレルギー疾患増加の理由は戦後の生活環境の変化が原因

 

戦後、日本人の生活及び生活環境は大きく変わりました。

例えば食事はファストフードを始め、西洋風の食事もスタンダードになり、ラーメンなどの麺類やインスタント食品、コンビニ食品なども私たちの日常生活にも当たり前のように浸透しています。

住宅も昔ながらの通気性のよい住まいから、マンションのような密閉性の高いものへと変化してきました。また、首都圏近郊では工場の煤煙や車の排気ガスなどの大気汚染の問題もあります。

こうした生活環境の変化は、アレルギー疾患の原因となりうるものばかりです。

実際にこの数十年の間に、アトピーや花粉症、気管支ぜん息などのアレルギーで悩む人は、大変な勢いで増えました。

ご存知の通り、アレルギーの厄介なところは、体質が関係することもあり、完治が難しいことです。

それでも原因となる抗原を遠ざけることで症状を軽減したり、発症、発作を防ぐことはできます。

家のなかを常に清潔にし、規則正しい生活、バランスのよい食生活を心がけましょう。

かかりつけ医に相談しながら適切な治療を受け、あなた自身で症状をコントロールしていく努力をすれば、より快適に毎日を過ごせるはずです。

 - アレルギーとは?アレルギーって何?