アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

口の中の腫れや、かゆみは口腔アレルギー症候群の可能性が!

      2017/01/20

口の中の腫れや、かゆみは口腔アレルギー症候群の可能性が!

口腔アレルギー症候群とは?

口腔アレルギー症候群は花粉症を患っている方に発症する症状です。

特定の果物などを食べた後に、口の中にかゆみや、腫れなどを引き起こしてしまいます。

その他にも口内の粘膜や喉にも症状が現れます。

より重篤なものになると呼吸困難になったり、アナフィラキシーショックなど命に関わる事態となるため、緊急性の高いケースでは早急な治療が必要になります。

これらの症状は、アレルギー症状を誘発する食べ物を口にすることが原因です。

こうしたアレルギーの原因物質と、花粉症のアレルゲンの構造が共通している場合に、口腔アレルギー症候群を発症すると考えられています。

主にリンゴやバナナなどフルーツが原因となることが多く、タンパク質の構造上の共通点が発症のメカニズムとなるため、天然ゴムのラテックスなども時にアレルギーを誘発してしまいます。

口腔アレルギーの症状って?

口腔アレルギー症候群の軽度なものでは、口腔内のかゆみや、腫れが現れます。

こうした症状は原因となる食べ物を口に含んで15分以内に現れることが多く、しびれや腹痛などその他のウイルス系の疾患と似た症状も現れるので慎重な判断が必要になります。

こうした症状がより重度なものになれば、喉の詰まりによる呼吸困難や気管支喘息などの症状が現れることがあります。

少しのかゆみや、腫れ程度ならば放置する方も多いですが、ここまで症状がエスカレートした場合には、最悪の場合アナフィラキシーショックなど命に関わる事態となるので、早急な治療が必要になります。

口腔アレルギーの治療法を教えて!

口腔アレルギー症候群の治療は、その他のアレルギー性の疾患と同じく、主に抗アレルギー薬などを服用して治療していきます。

使用する抗アレルギー薬としては、アレルギー症状を緩和する抗ヒスタミン作用のある薬が主なものです。

軽度な症状が頻発する時期には、こうしたアレルギー薬を服用して症状の緩和を目指します。

当然、治療に平行して口腔アレルギー症候群を引き起こす食べ物の摂取を避けることも指導されます。

飲み込まなくても唇や舌に触れただけで症状が現れることもあるので、普段から慎重な対策が必要です。

また、喘息発作やショック症状など緊急性の高い症状が現れた場合には、ステロイド系の薬剤の点滴を行うなどする必要があります。

 - アレルギーの種類, その他アレルギー