アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

産まれたばかりの赤ちゃんのために、乳児湿疹について知ろう!

      2017/01/20

産まれたばかりの赤ちゃんのために、乳児湿疹について知ろう!

乳児は大人と比較した場合、湿疹が出やすいという特徴があり、こういった乳児に起こる湿疹を「乳児湿疹」といいます。

乳児湿疹は様々な原因があり、顔や体などに赤い斑点のようなものができます。

それをかきむしってさらに症状が悪化する事もありますので、乳児湿疹が起こってしまった場合には経過を注意深く見てあげる必要があります。

今回は、この乳児湿疹について、その種類や起こる原因をご紹介していきます。

乳児湿疹には、どんな種類があるの?

乳児湿疹にも様々な種類が存在します。

生後2週間から3か月の間の赤ちゃんに出来やすい「新生児ニキビ」、新生児ニキビと同じ時期に起こりやすく頭やおでこ、頬が赤くなる「乳児脂漏性湿疹」の2つは過剰な皮脂分泌による典型的な乳児湿疹です。

また、乳幼児に起こりやすく、かきむしってしまうことで化膿する危険も出てくる「あせも」や、良くなったと思えばすぐに悪くなったりと、かゆみなどの症状が慢性的に続いてしまう「アトピー性皮膚炎」、特定の食べ物を吸収する事によって、アトピー性皮膚炎として発症してしまう「食物アレルギー」などもあります。

こういった湿疹は大人に比べて赤ちゃんなどに起こりやすいものの、1歳から2歳になるまでにはほとんど自然治療するとされています。

しかしながら、原因が分からず、様子を見ても症状が改善しないのであれば、すぐに医療機関に相談しに行く必要があります。

どうして乳児湿疹は起きるのか?

生まれたばかりの赤ちゃんは生後3か月頃までは、肌の新陳代謝が大人よりも活発化していますので、それだけ分泌される皮脂の量も多くなります。

しかし、皮脂の分泌の量が多いのに比して、毛穴などがまだ小さい事から、そこに皮脂が詰まってしまう事が原因の一つです。

また、赤ちゃんは肌に水分などの潤いを保全し、細菌の侵入を阻止してくれる重大な役目を果たすための角質層がまだ未発達であるため、かぶれやアレルギーに敏感に反応してしまいます。

特に冬場になると、肌の弱い赤ちゃんの場合は、乾燥に耐えることが出来ないため、乾燥性皮膚炎などの乳児湿疹が起こってしまうケースもあります。

このように多くの原因がありますが、共通しているのは肌がまだ未熟であるという事なので、赤ちゃんのお肌のケアには常に気を付けましょう。

 - 子どもの病気