アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

顔にできることが多い湿疹、乳児湿疹(乳児脂漏性湿疹)が心配!

      2017/01/20

顔にできることが多い湿疹、乳児湿疹(乳児脂漏性湿疹)が心配!

生まれて間もない赤ちゃんは、皮膚の分泌が盛んです。

特に、生後3ヶ月くらいは湿疹が見られることがよくあります。

多い湿疹としては、乳児脂漏性湿疹が挙げられます。

首よりも上に出てくるのが、乳児脂漏性湿疹の特徴です。

これは危険な兆候ではないため、焦らずに対処することが大切です。

乳児脂漏性湿疹は、どんな症状がでるの?

身体にできる湿疹も多いですが、乳児脂漏性湿疹は首より上にできるのが特徴です。

最初は、ニキビのように赤くなるのですが、徐々に黄色いかさぶたに変わっていきます。

この段階では、ジュクジュクした感じになっていますが、徐々に乾燥してカサカサするようになります。

主に頭、額、眉毛などに白いフケのようなものが付きます。

首よりも下に見られる場合は、乳児脂漏性湿疹ではない可能性があります。

また、出血が見られる場合もあるので、注意が必要です。

乳児脂漏性湿疹の場合でも、かゆみが出ることがあるのですが、一般的な湿疹とは異なり、あまりかゆみが出てこないことが多い湿疹です。

炎症を起こしてしまうと、髪の生え際などが赤くなってしまうこともあります。

乳児脂漏性湿疹の原因って何?

生まれたばかりの赤ちゃんは、体の新陳代謝が活発に行われています。

また、母親の女性ホルモンの影響も残っている段階なのです。

そのため、皮脂を盛んに分泌するようになり、乳児脂漏性湿疹が出やすくなります。

このように肌に皮脂や汗などの汚れが溜まってしまうことが原因の1つです。

赤ちゃんの段階では、大人のように毛穴が発達していないため、大量に分泌された皮脂や汚れがどうしても詰まりやすくなっています。

皮脂そのものが詰まってしまうだけでなく、空気中の酸素などと結びついたりして、肌を刺激してしまうことも原因だと考えられています。

赤ちゃんの肌は弱いため、外部からの刺激を強く受けてしまうのです。

乳児脂漏性湿疹の対処法とは?

乳児脂漏性湿疹というのは、危険な症状を引き起こすものではありません。

そのため、冷静に対処するように心がけていれば、大きなトラブルにはつながりません。

まずは、皮膚・肌を清潔に保つようにしなければなりません。

入浴時には、丁寧に洗ってあげることが大切です。

ただし、赤ちゃんの肌は傷つきやすいので、力強くこすったりすることは禁物です。

赤ちゃんの肌を洗ってあげる時は、肌に優しいベビーシャンプーなどを用いるようにします。

特に、かさぶたを剥がしてしまわないようにすることが重要です。傷ができてしまうと、雑菌が入りやすくなります。

また、寝具や着衣を小まめに交換し、常に清潔な状態を保つことが大切です。

乳児脂漏性湿疹は、自然に治るものですが、なかなか改善しない場合は治療を受けることも考えます。

 - 子どもの病気