アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

目立ってしまう鼻のニキビの原因を知って予防しよう!

      2017/01/20

目立ってしまう鼻のニキビの原因を知って予防しよう!
鼻は顔のなかでも特にニキビができやすい部位ですが、同時に目立ちやすい場所でもあるので、女性の方などは特に鼻のニキビは気になるものです。

しかし、皮脂の分泌が多い鼻でも、適切なケアや心がけによってニキビを繰り返す悪循環を断つことも可能なので、ここでは鼻のニキビの原因や対策について詳しくみていきましょう。

鼻のニキビの原因

鼻は皮脂の量が非常に多く、洗顔などを行わなければすぐにベタベタと不衛生な環境になってしまいます。

また、同時に毛穴も深いので皮脂が溜まりやすく、ニキビができやすい環境がそろっている部位です。

特に思春期の頃には新陳代謝が活発になっているので皮脂の分泌が増え、よりニキビができやすくなってしまいます。

また、大人になっても生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが乱れると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

こうした皮脂が増えた状態ではニキビが発生するトリガーがそろっている状態です。

これに加え紫外線による刺激や雑菌のついた手で触れてしまうことで、余計にニキビを悪化させる原因となってしまいます。

鼻のニキビの予防策

鼻のニキビの予防策としては、皮脂を増やさないことと、清潔な環境を整え雑菌を繁殖させないことが重要になります。

思春期では代謝の変化による皮脂の分泌は仕方がありません。

しかし、大人の場合にはホルモンバランスの乱れが原因であることが多いので、生活習慣の改善などを行うだけで皮脂量を減らすことが可能です。

こうした生活習慣の改善には睡眠時間の確保や規則正しい食事なども重要ですが、ストレスを溜め込まないようにするなど精神的なバランスもしっかりと整える必要があります。

また清潔な環境を整えるためには、適切な洗顔で皮脂や汚れを除去するということが当たり前のことですが重要です。

この時にゴシゴシと強くこすりつけると皮膚のバリアまで取り除いてしまうことになります。

そのため、泡で汚れを吸着させるようなイメージで優しく洗うと、肌にダメージを与えることなく綺麗に汚れや皮脂を落とすことができます。

鼻のニキビの治療法、対策

実際にできてしまった鼻のニキビを治療する際には、まずは触らないことが大事です。

鼻はふとしたきっかけや癖で触ってしまう方も多いですが、雑菌の多い手で触るとよりニキビを悪化させてしまうので、触らないという心がけが重要になります。

またそれほど悪化していない初期のニキビの場合では、洗顔などを行いながら生活環境を整えると、自然に綺麗になることもあります。

ジュクジュクと化膿しているニキビや鼻の中にできているようなニキビの場合には、皮膚科で処方される抗生物質入りの軟膏などで一度完治させることをおすすめします。

 - 肌トラブル・皮膚の病気 ,