アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

ケアしづらい背中のニキビ。効果的な予防法は?

      2017/01/20

ケアしづらい背中のニキビ。効果的な予防法は?

ニキビといえば、顔にできるものという印象が強いのではないでしょうか。

実は、顔以外にもニキビはできるのですが、そのなかでも多いのが背中です。

背中のニキビは見て確認することも難しく、手も届きにくいためケアしづらい場所です。

しかし、食生活や生活習慣に気をつけることで改善することができます。

背中のニキビの原因

背中ニキビの主な原因は、過剰な皮脂分泌です。

特に男性は、男性ホルモンが多く皮脂の量が増えてしまう傾向にあります。

したがって、背中ニキビは男性に多い傾向があります。

皮脂が増えてしまう原因は男性ホルモンだけではなく、食生活も大きく関係しています。

お米やパンなど炭水化物や甘いものをたくさん食べると、血糖値が上がります。

血糖値が上がるとインシュリンが分泌されるのですが、このインシュリンも男性ホルモンを増幅させる効果があります。

また、皮脂をしっかりと取り除けていないことも原因です。

背中はお風呂でも、比較的洗いにくい場所です。

そのため、背中を洗っているつもりでも洗いきれず、皮脂が残りがちです。

そうして毛穴につまってしまった皮脂が、背中ニキビの原因となります。

皮脂が毛穴につまってしまうと、ニキビの根源となるアクネ菌が増えてしまい、ニキビ特有の赤い湿疹ができます。

体を先に洗ってから洗髪する人は要注意です。

シャンプーやリンスの成分が背中に垂れて、毛穴をふさぎ、ニキビの原因になることがあります。

背中のニキビの予防策

背中ニキビを予防するためには、まずは食生活の改善を行いましょう。

脂っこいものや甘いものを多く摂取すると、皮脂の分泌が多くなります。

できるだけ野菜や魚を食べるようにして、皮脂分泌を抑えましょう。

また、体の洗い方を改善することも重要です。

背中にできるニキビですので、背中の皮脂を落とすことが重要です。

背中の汚れを十分に落とすことを意識して、洗うようにしましょう。

こすり過ぎると逆に皮膚にダメージを与えてしまうこともありますので、適度に洗うことが重要です。

シャンプーやリンスの成分が背中に残らないように、洗髪の後に体を洗うようにすることも対策のひとつです。

背中のニキビの治療法、対策

背中ニキビを治療する方法としては、まずはホルモンバランスを整える治療があります。

男性ホルモンが大きく関係していますので、男性ホルモンを抑えることによって、背中ニキビを治療することができます。

ニキビは、外的な治療法であるケミカルピーリングも効果があります。

しかし、炎症が起きしまっている段階ではあまり効果がありませんので、できる前に行うようにしましょう。

 - 肌トラブル・皮膚の病気 ,