アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

鎖骨から胸にかけてのニキビを治して、デコルテ美人に!

      2017/01/20

鎖骨から胸にかけてのニキビを治して、デコルテ美人に!

鎖骨から胸にかけてのニキビ。実は意外とできやすい箇所です。胸元は皮脂の分泌量が多い部分なのです。

また、特に夏場は汗をかきやすく毛穴に汚れがつまりやすくなります。

ただ、薬は塗りやすく、治しやすい箇所でもあります。

しかし、油断していると色素沈着をおこしケロイドになって後に残りやすいという嫌な特徴があります。

水着や胸元のあいたドレスを着るときなどのために、早めのケアをしてきれいなデコルテでいたいですね。

鎖骨~胸のニキビの原因

デコルテは身体のなかでは皮脂の分泌量が多い箇所で、汗をかきやすく、拭き取りにくい部分でもあります。

結果として、特に夏場は皮脂や汚れが毛穴に詰まってニキビになりやすいのです。

また、汗や皮脂がしみ込んだ下着や衣類が刺激になることもあり、特にナイロン製の下着などは皮膚への刺激が大きいです。

そして、お風呂でのシャンプーやボディソープの洗い流しが足りず皮膚にそれらの成分が残っていると、ニキビを悪化させることがあります。

デコルテへの日焼け止めの塗り方が不十分で紫外線を浴びることも刺激になります。

また、ラメ入りのボディローションなどが刺激になることもあります。

鎖骨~胸のニキビの予防策

普段から胸のニキビを予防するには、古い角質をため込んで毛穴を塞がないように、肌のターンオーバーを促すことです。入浴時に石鹸タイプのピーリングなどでやさしく行いましょう。

さらに、ピーリングのあとには肌が敏感になっていますから、きちんと保湿して落ち着かせてあげましょう。

入浴時に肌にシャンプーやボディソープの成分が残らないように丁寧に洗い流すことも大切です。

入浴時には髪の毛、顔から首元、身体と上から順に洗っていくと余分な成分が残りにくくなります。

身体を拭くときには、ナイロンタオルよりも綿のタオルのほうが肌への刺激が少なくおすすめです。

また下着も化学繊維よりも、汗を吸収しやすい綿素材の方が適しています。

鎖骨~胸のニキビの治療法、対策

胸もとにニキビができてしまった時は、肌に刺激を与えない、生活の乱れを整えて過ごすことが必要になります。

入浴時に肌に刺激を与えないように、ナイロンタオル等でごしごし洗うことは控えます。

肌はとてもデリケートなのでボディソープもよく泡立てて優しく洗いましょう。

ナイロンのタオルよりもやはり綿のタオルの方が肌への刺激が少なくおすすめです。

お風呂上りにはローションで保湿します。

ボディクリームは油分が多いので控えめにしておく方がいいでしょう。

夏場は特にこまめに汗を拭きとって清潔にしておきます。

また、下着や衣類もコットン素材で通気性のいいものが肌への刺激が少なくて済みます。

これはニキビ対策全般にいえることですが、睡眠や食事のバランスに気をつけて健康的な生活を送るように心がけましょう。

 - 肌トラブル・皮膚の病気 ,