アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

そのくしゃみ花粉症じゃない!鼻炎の季節性と通年性について

      2017/01/27

そのくしゃみ花粉症じゃない!鼻炎の季節性と通年性について

季節性と通年性について

激しいくしゃみや鼻水、鼻づまりを引き起こすアレルギー性鼻炎ですが、アレルギー性鼻炎には、花粉症に代表される季節性アレルギー性鼻炎と、季節に関係なく常態的にくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの鼻症状が現われる通年性アレルギー性鼻炎があります。

季節性アレルギー性鼻炎といえば、花粉症に代表される、ある一定の季節に症状がでてその期間が過ぎればアレルギーの症状が治ると言ったものがあります。

ですが、通年性のアレルギー性鼻炎になると、季節が過ぎれば症状が改善されるという事はなく、アレルギーの原因は季節的な事象ではなく、ダ二、ハウスダストといったものが原因になっていると言えます。

季節性のアレルギーである花粉症の場合は、花粉が飛び散る時期に、花粉を吸いこまないようにするといった対策や、洗濯物を室内干しにして花粉を自宅に持ち込まない、外から帰れば体に着いた花粉を叩き落とすといった対策をとったり、季節が迫ってくる前にアレルギーを防止する治療薬を飲んだりすることによってアレルギーへの対策をとることが可能といえます。

また、花粉が飛散する時期など自身がアレルギー反応を引き起こすシーズンを過ぎてしまえば、アレルギー反応は治まって通常の日常生活を送ることが出来るようになります。
その一方で、通年性のアレルギーの場合は、年中アレルギーの元が近くに存在しているといえ、そのアレルギーの源を取り除かなければ症状を改善する事も出来ず、日常生活にも支障をきたすと言えます。
通年性のアレルギーの原因は、ダニやほこり、カビといったものや、ハウスダストと呼ばれるさまざまなアレルギー物質です。

これらを取り除くことが重要で、こまめに掃除をする事が一つのポイントで、アレルギー物質を近くにためないという事が重要です。

また、エアコン内のカビやお風呂のカビ、床に蓄積したホコリといったものがアレルギー性鼻炎のもとになるので、ホコリなどがたちにくい素材の製品を使用したり、屋内にカビが繁殖しにくいように通気を良くするといった対策をとることも重要です。

そのため、カーペットなども出来るだけ使用せず、フローリングの床で掃除がしやすいようにするといったこともポイントになりますし、動物を室内で飼っている場合にはその動物の毛がアレルギー源となってアレルギー性鼻炎を引き起こしている場合もあるので、毛が飛び散るようなものは近くに置かないといった配慮も重要です。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, アレルギー性鼻炎 ,