アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

頭皮へダメージを与えない正しいドライヤーのかけ方

      2017/01/19

頭皮へダメージを与えない正しいドライヤーのかけ方

男性の悩みに薄毛がありますが、対策として一般的には育毛剤などを使用します。しかし、その前にドライヤーのかけ方を考えたことはあるでしょうか。

実は育毛剤などの効果を十分引き出すためにはドライヤーのかけ方が非常に重要で、ドライヤーのかけ方が間違っていたら、いくら効果が絶大な育毛剤を使っても育毛、発毛を促すことができない場合もあります。

特に短髪の男性の場合は洗ったまま、頭髪を放置するという最悪のパターンも考えられるので、まずはドライヤーのかけ方を学んでいきましょう。

ドライヤーをかける前にすること

シャンプーで頭髪を洗い流したあと、髪の毛がビショビショのままドライヤーをかけるという人はあまりいないと思われます。長い時間頭皮にドライヤーの風を当てないように、まずはしっかりタオルドライすることが大事です。

そして、タオルドライを行った後はあまり間をあけずに、ドライヤーをかけるようにしましょう。そうすることで菌の増殖が抑えられます。

ドライヤーでの乾かし始めについて

ドライヤーで髪の毛を乾かす際に、頭皮とドライヤーの距離を15cm~20cmほど取るようにしてください。近すぎると熱で髪の毛が傷んでしまう可能性があります。そして、同じ箇所に温風をあてるのではなく、ドライヤーをこまめに動かしながら乾かす箇所を移動させていきましょう。

ドライヤーでの乾かし終わりについて

温風で頭皮を完全に乾かすのは実はNGなのです。

完全に乾かしてしまうと水分が無くなり、髪の毛がパサパサになってしまいます。だいたい8割程度乾いたところで、温風から冷風に切り替え、頭皮を乾かしていきましょう。

頭皮が乾ききらないと菌が増殖してしまい、臭いやかゆみの原因となりますので注意してください。

髪の毛が長い場合は乾かし残しがある可能性があるため、最後に髪の毛をパラパラと本をめくるように乾かします。この時に鏡を見ながら行うととてもわかりやすいです。

薄毛の悩みがあるとすぐに育毛剤に走りがちですが、実は普段からドライヤーでの乾かし方が原因になっている場合もありますので、しっかりと乾かして悩みを吹き飛ばしましょう。

 - AGA(男性型脱毛症)