アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

まぶたの腫れは「ものもらい」かも。2種類のものもらいについて

      2017/01/19

まぶたの腫れは「ものもらい」かも。2種類のものもらいについて

ものもらいというのは、目に関連した症状のことですが、2つの種類があることに注意しなければなりません。

どちらの症状なのかによって、治療の方法や治療にかかる期間などが異なっているため、自分で判断するのは危険です。

目に痛みが出てきたり、違和感を覚えたりした場合は、早めに眼科医の診察を受ける必要があります。

ものもらいの種類

まぶたには、脂を出す腺と汗を出す腺があります。これらの腺に細菌が感染することで起こる症状が、ものもらいです。

ものもらいというと、1種類しかないようなイメージがあるのですが、大きく分けると2種類あります。

それぞれ「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」といい、麦粒腫と霰粒腫とでは、症状も原因も異なっていることに注意が必要です。

一見すると同じような症状に思えるため、一般の人が正しく区別するのは簡単ではありません。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは

麦粒腫というのは、まぶたに細菌が感染することで膿が溜まってしまった状態のことを指しており、まぶたに付着した細菌が、分泌腺や毛穴に入ってしまうのです。

まぶたが赤く腫れるため、まばたきをした際には強い痛みがあります。麦粒腫は、黄色ブドウ球菌が原因となっていることが多いです。

外側の皮膚にできる「外麦粒腫」と、まぶたの裏側にできる「内麦粒腫」の2つがあります。外麦粒腫の場合は見栄えが痛々しくなり、内麦粒腫の場合は視野が狭くなってしまいます。

化膿しているため痛みが強くなるのが特徴です。しっかりと治療をすれば比較的早期に回復しますので、安心してください。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは

霰粒腫というのは、脂を分泌するマイボーム腺という腺に脂肪が詰まることで、まぶたが腫れたり、シコリができたりする状態を指しています。

細菌が原因となる麦粒腫とは異なり、あまり痛みがありません。そのため、気にせず放置してしまう人が多いのが特徴です。

何もしなくても自然に治癒する場合もありますが、症状が悪化するとそのまま硬くなってしまうことがあるため注意が必要です。

また、感染を伴う化膿性霰粒腫の場合は痛みが出てきます。目薬などで症状が変わらなかったり、痛みを感じたりした場合は、眼科で治療を受けることが大切です。

 - 目の病気・怪我