アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

ものもらいの種類「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の症状・治療・予防

      2017/01/19

ものもらいの種類「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の症状・治療・予防ものもらいは地域によっては「めばちこ」、「めばち」などとも言います。

突然できてまぶたが赤くなって腫れたり、痛みを伴ったりするものもらい、実は麦粒腫と霰粒腫という2つの種類があるのです。

それぞれに原因も治療法も違います。ここでは霰粒腫についてご紹介します。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の原因

霰粒腫の原因はまつ毛の生え際の「マイボーム腺」に脂肪がつまって、周りの組織を押し広げて炎症を起こすことです。これによりまぶたが腫れたり、しこりができたりします。

マイボーム腺は目を保護するための脂を分泌しているのですが、なぜ脂が詰まるのかの原因は特になく、偶発的とされています。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の症状

霰粒腫の症状は腫れてしこりができること、目がゴロゴロすることなどです。痛みはないのですが、徐々に大きくなっていき、はっきりとしこりがわかるようになります。

痛くないからと言って放っておくとイボ状に硬くなって残ってしまうこともあります。

また、細菌に感染すると化膿して痛みを伴うこともあるのです。細菌感染を起こした場合、見た目は麦粒腫と似ているので判断を間違う恐れがあるため、早めに眼科を受診して適切な治療を始めるようにしましょう。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の治療法

炎症を起こしていない霰粒腫の場合は、炎症を予防するために点眼剤を使ったり温湿布を使用したりします。その後、ステロイド剤の注射を行うこともあります。

炎症を起こしている霰粒腫の場合は、抗生物質や抗炎症剤を用いてまずは炎症を抑えることが必要になります。さらに切開手術を行うことが最も確実な治療ですが、傷跡が残るリスクがあります。

霰粒腫の場合、マイボーム腺に溜まった脂肪は自然と破裂して吸収されることがあるのですが、上手く吸収されない場合はイボ状になって後々まで残ることがあります。

放置せずに早めに眼科を受診しておく方がいいでしょう。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の予防法

霰粒腫の予防法は目の周りを清潔に保つことです。

特にコンタクトレンズを使用する方はコンタクトレンズを正しく使用し、清潔に保つように心がけてください。コンタクトレンズの使用方法やケアを誤ると、雑菌が目に入り込むことにつながります。

女性はアイメイクをした後にきちんをメイクを落として、化粧品の成分が目の周りに残らないように気をつけましょう。化粧品がマイボーム腺に入り込み、詰まりの原因になることがあります。

また、スポーツなどで汗をかいた場合は目や顔も洗って清潔にしておきましょう。不潔な状態の手で目元を触ることも控えてください。

そして、前髪が目にかからないようにして雑菌が入らないようにすることも、清潔を保つためには役立ちます。

入浴の際には湯舟にしっかりと浸かって体を温めてあげると、まぶたを温めることにもなりますので、マイボーム腺の詰まりを予防するにはお風呂で身体を温めることも有効です。

もし目に違和感を感じるときには、アルコールや刺激の強い食べ物は控えるようにしましょう。ものもらいの炎症を悪化させる恐れもあります。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)は他人にうつる?

霰粒腫はマイボーム腺に脂が詰まったことで起こる炎症であって、他人にうつる性質の病気ではありません。他人にうつるのは「はやり目」といわれるウイルス性の結膜炎の方です。

「はやり目」には「流行性角結膜炎」「咽頭結膜熱(プール熱)」「急性出血性結膜炎」の3つがあり、これらは感染力がかなり高くタオルなどを介して感染することもあります。

「はやり目」にかかった場合には他人にうつさないように、手洗いや消毒を行い、タオルを別々にして使い捨てのペーパータオルなどを使用するようにしましょう。

 - 目の病気・怪我